読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Bicycle Club

ロードバイク・クロスバイクを中心にパーツ・カスタム・メンテナンス・ウェアなど、自転車ネタをよちよちとおおくりします◎

CANNONDALE SuperSix Evo Carbon (2017)
BIANCHI Roma3 (2016)

サイクリングにもオススメなオシャレなバッグ◎クレッタルムーセンのBor

転車専用アイテムではないのですけれど、最近バッグを買いまして。

KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)のBor(ボール)というバッグです。

スウェーデンのアウトドアメーカーなのですけど、このメーカー、基本なかなかお高いのですよね。。。

ただ、このBorは定価でも10000円ちょっとと、お手頃ラインとなっておりまして、小さめで日常使いできるカバンを探していたのでゲットしてみました。

自転車ブログたるこちらに何故書くかと言いますと、このバッグ、手さげとショルダーの2WAYになっていまして、ショルダーバッグとして使ってみると、サイズ感や軽さ、素材感的にもサコッシュ代わりに使えるんじゃないかしら◎と感じましたもので、今回ご紹介してみます。

KLATTERMUSENってどんなメーカー?

1984 年スウェーデンにてPeter Askulv(ピーター・アスカルブ) によって創業。 バッグパック及びゲイター作りからのスタートだった。機能的な商品が増えるにつれ、またたくまにカタログ通販にて注文が増加し、KLATTERMUSEN の名前はスウェーデンを中心に浸透し始めた。 1995 年頃にはヨーロッパでのアウトドアブームにより、アウトドア専門店が急増、通信販売をストップさせ製造卸メーカーとしてのKLATTERMUSEN を確立。2000 年頃には18カ国251店舗にて展開するまでに至る。

KLATTERMUSEN公式サイトより引用

メインはジャケット類、そしてバッグ類ですかね。

スウェーデンのアウトドア・ブランドってことで、自分の買ったバッグに限らず、どの商品もそこはかとなく小洒落ておりまして、アイテムを色々見ていると、どれも欲しくなってしまいます。。。汗

しかしながら最初に書きましたけども、お値段のほうが非常にお高いのですよ。。。

ジャケットならまだしも、大きめなバックパックとかも10万超えの商品も珍しくはない感じでございます。。。

これは5万円弱くらいなのですけど、デザイン超良いっすよねぇ。。。機能面も申し分なさすぎそうっす。。。

 このマウンテンパーカーとかも、相当良さそうですが、Amazonで値引きされていても10万円をやっと切るくらいという。。。

アウトドア・ブランドながら、デザインはこてこてのアウトドアって感じではなく、わりとアーバンな感じのものも多いので、ストリートファッションが好きな人とか、女性からの需要も高いっぽいです。

購入したバッグ。KLATTERMUSEN Bor(ボール)

そんな高額なメーカーなもので、「良いなぁ。。。」とは前々から思っていたものの、実際に購入するっていうのはあんまり考えていなかったんですよね。

ただ、普段仕事とかに行くときに使うバッグが割とサイズの大きなものばかりを使っていて、「もうちょっと小ぶりなバッグ欲しいなぁ。」って事でアレコレ探したり検討していました。

そんなこんなで、「LLビーンのトートバッグにしよっかなぁー。」と決断をしかけていたのですが、ふとフレッタルムーセンを思い出しまして、大本命のLLビーンを大外から最後の直線でぶっちぎる恰好で、コチラを購入いたしました◎

f:id:TinyBicycleClub:20170128131459j:plain

最初に書きましたが、Bor(ボール)というモデルになります。

容量はたぶん13リットルとかだと思われます。

ロゴの下(ロゴがカッコイイ◎)に書いてありますが、リサイクルナイロン素材で、かなり軽いです。

現行モデルからロゴが変わっているみたいで、好みになるとは思いますけど、こっちのロゴが良い!っていう方は、まだアマゾンとかにはこのロゴのも出ているので、無くなる前に買うのが吉◎かもしれないです。

内側はこんな感じ。

f:id:TinyBicycleClub:20170128131558j:plain

内側は特に仕切りはなく、この赤い部分のポケットのみという作りです。

パッと見、たぶん気になった方も多そうなひらひらと波打った部分は、カラビナとか引っ掛けられるループになっているので、こんな風に使うこともできます◎

f:id:TinyBicycleClub:20170128131526j:plain

ハンドストラップとショルダーストラップの付いた2WAY仕様なので、自分はショルダーストラップを短めにして、トートバッグのような感じで普段は使っています。

f:id:TinyBicycleClub:20170128131834j:plain

サコッシュ代わりに使える?

ここで、ようやくの本題ですかね^^;

自転車のブログだというのに、あやうく、ただのお洋服好きのブログになるところでした汗

サコッシュ代わりとして、要するにロードバイクなどでのサイクリング時に有能なバッグなのでしょうか?ってお話しですね。

ちなみにサコッシュって今のところ、自分はバイクロアでもらったLOVE BICYCLE SAITAMAの物しか持っていないので、いろいろなサコッシュを試してみたという事ではないのですが。。。

ポイントとしては以下が挙げられますかね。

  • 軽さ
  • 防水性
  • サイズ感

重量については、現行モデルのカタログ値で300グラム。全然合格ラインだと思います◎

防水性は、ナイロン&ジッパー付きなのでちょっとした雨とかなら問題ないと思いますが、完全防水ではないので、大雨とかだと中身は濡れちゃうと思います。ただ、サコッシュって考えると、サコッシュって布製のものが大半でしょうし、そこはまあ完全防水である必要はないのかなと。

サイズ感はいわゆる一般的なサコッシュより一回り大きいくらいかと思います。底はマチがあるので、容量はサコッシュよりも全然詰め込めます。鍵やパンク修理セット、財布やモバイルバッテリー、みたいなサイクリングに必要な一式全部コイツに詰め込んじゃうっていうのもアリですね。

うん、完全に及第点ですね◎

加えていうなら、カラビナとかをかけれるループが大量についているので、自転車の鍵とか、日中は使わない自転車のライトとかをこれに引っ掛けておくっていうのも粋な感じもしますね◎

 

そんなわけで、サイクリングにも普段使いにも両方使えるバッグが欲しい!っていう方には、なかなか優秀なバッグじゃないかなと思ったので、今回はクレッタルムーセンのBorというバッグの事をしたためてみました◎

このBorとほぼ同じ価格帯&サイズ感で、BAGGI(バギー)っていうモデルもなかなかイカしますので、気になった方は見比べて検討してみてください☆彡

 

サイクリング使いできるバッグについては、過去記事↓もあるので、こっちも検討材料に使っていただけましたらばm(__)m

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ