読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Bicycle Club

ロードバイク・クロスバイクを中心にパーツ・カスタム・メンテナンス・ウェアなど、自転車ネタをよちよちとおおくりします◎

CANNONDALE SuperSix Evo Carbon (2017)
BIANCHI Roma3 (2016)

バルブキャップとボルト交換。自転車の簡単ドレスアップ◎

かすぎて伝わらないかもしれない自転車ドレスアップをひとつ(^^;

バルブキャップとボルトを変えちゃいましょうっていう、今日は今日は短~い記事です◎

一応書いておきますと、バルブキャップはタイヤチューブの空気を入れるところのキャップですね。
で、ボルトはボトルケージとかステム、キャリアなどを固定する六角レンチで締め付けれるネジですね。

自分のクロスバイクのビアンキ号は、こんな感じでバルブキャップとボルトをゴールドに付け替えています。

f:id:TinyBicycleClub:20161227041322j:plain

ボルトはリアキャリアとか付けるとき用のダボ穴のところを変えております。

かなりわかりにくいと思いますが、全体を引きでみるとこんな感じ。

f:id:TinyBicycleClub:20161213204449j:plain

バルブキャップはこの写真だと見えないですかね。。。汗

自分の場合は100%完全にドレスアップのみの目的ですが、どうやらチタン製のボルトが"軽さ"、"剛性"、"腐食のしにくさ"などの面で性能的に優れているそうなので、ステムを固定するボルトとかならドレスアップ目的だけでなく、性能面の向上目的で変更してみるのも一興かなと思います。

ロードバイクの方は未着手なので、そのうち試しにチタンのボルトでも試してみたいなと企んでおります◎

バルブキャップもボルトのどちらも、値段は全然高くないですし付け替えるのも超楽チンなので、気分転換には手間もお財布の負担もなく最適かなぁと思います◎
カラーバリエーションも相当豊富ですし、バルブキャップはかなり変わったというか面白い形のモノも色々出ているので、気に入ったものを是非探して取り付けてみてください◎

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ