読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Bicycle Club

ロードバイク・クロスバイクを中心にパーツ・カスタム・メンテナンス・ウェアなど、自転車ネタをよちよちとおおくりします◎

CANNONDALE SuperSix Evo Carbon (2017)
BIANCHI Roma3 (2016)

レーシー過ぎないオシャレなロードバイク用ヘルメット5選◎

ウェア・シューズ・バッグ

 
ードバイクに乗る上で、身に着けるものでいえばシューズと並んでこだわりたくなるものといえば、やっぱりヘルメットですよね◎
形、というか見た目から入るワタシのような手合いは特にです汗
 
自分が今現在、使っているヘルメットについて以前投稿していますが、そちらでも書いた通り、「コレ欲しいなぁ。。。」と狙っていたヘルメットがいくかございまして。。。 

なので今回はその「狙っていたヘルメット」見た目から入る人目線でオススメをさせていただきたいなと思っております◎ 

いきなり「ドドン!コレです!」というのも味気ないというかアレなので、ロードバイクにおけるヘルメットについて、ちょこっと考えてみてから「ドドン!コレです!」させてください^^;

ロードバイクにヘルメットは必要?

まず、根本的なお話しです。
着用が義務かと言えば、法律上の義務はないようです。 
ただ、いくつかの市町村などで、着用を義務付ける条例が出だしているとかいないとか。。。(全国各地まで調べられないものでフワっとさせてすみません、、、)
ですが、「じゃあ被らないでイイか◎」とノーヘルでGOする前に、ご一考ください。。。

ヘルメットを被ったほうが良い理由

例えばオートバイは完全にヘルメット着用が法律で義務化されています。
自転車はされていません。
『なんでなのでしょう??』
オートバイのほうがスピードが出るという事や、自動車と同じ車道を走る乗り物だからというのが主な理由なのじゃないかなと推測できます。
いわゆるママチャリは歩道を走っている事が多いですし、スピードもちょっと足の速い人なら走ったほうが早そうな印象。。。
ただ、ロードバイクとなると、逆に歩道はほとんど走る事がないですし、さほど頑張ってペダルを回さなくても40キロくらいは出てしまいます。
ええ、オートバイとあんま変わんないっすよね。。。汗
自分としては、そんな理由からやっぱりロードバイクに乗る際はヘルメットは被ったほうが良いと思います。

ヘルメットを被らない理由

ここでわざわざ「ロードバイクに乗るならヘルメットは被ったほうが良い」なんて書くまでもなく、街に出てみると、ロードバイクに乗る人の大半はヘルメットを被っています。ただ、渋谷には仕事で毎日行くのですが、渋谷でロードバイクやピスト乗っている人を見てみると、結構被っていない人、多いのです。
ヘルメットを被ろうが被らまいが、いわゆる自己責任というものなので、個人的にはどうこう言いたいとも思いもしませんが、なんで被らないのかちょっと考えてみました。
  • 髪型が崩れる。
  • 降りたときにヘルメットの置き場がない(持ち運びが邪魔)。
  • ヘルメットなんかダサい。
  • そもそも危ないと思っていない。
と、こんなところですかね。
移動の足としてロードバイクを使うとなると、目的地に着いたら自転車を停めて、そこから歩いて移動するわけですよね。そうなるとヘルメットは到着したら脱ぎます。
たしかに髪型は崩れると思いますが、自転車乗ったら風でどの道崩れるんじゃないかという気がしてきました。。。汗
なので、コレはあんまり無さそうですかね。。。
次のヘルメットの置き場や持ち運びについては、確かに、自転車と一緒に置いておくと盗まれそうだし、カバンとかに入れるにしてはデカくて邪魔ですね。
サイクリングコースを走ったりって用途で乗る場合はそもそもヘルメットを脱ぐことがほぼないから問題ないですが、足に使うとコレは結構納得な理由です。
"ダサい"、と"危ないと思っていない"については、「ダサくないよ」とか「危ないよ」と言っても仕方がないので割愛します。
 
ただ、「自己責任なので、被ったほうが良いとは言うつもりもない」とさっき書きましたが、もし自分にとって大切な人がノーヘルで爆走していたら、張り切って諭すとは思います。
 

予算はいくらあれば買えるの?

安いものなら5000円程度、高いものだと4万とか5万円(もっと高いのもありそうですね汗)くらいと価格差がなかなかにあります。
用途は何せ、命や身体を守る物な訳ですから「ケチるべきアイテムじゃない」という考え方の方もいるかもしれません。
最初に貼った過去記事で書きましたが、自分の持っているヘルメットは10000円ほどのものになります。
購入したワイズロードの店員さんに、「ヘルメットは消耗品なので、あまり高いもの買うよりは10000円くらいのものを買い替えながら使っていくほうが良いと思いますよ」と助言いただき、あまり張り切った値段のものは買わずにこの価格のもので抑えました。

高いヘルメットと安いヘルメットの違いって?

命や身体を守るものとはいえ、高額なものほど事故や転倒の際にケガをしないとは一概に言えないと思います。(あまりにも安いものは除外して。。。)

ロードバイク用ヘルメットの場合、頭部を守るのは前提としつつ、より速く、より快適に走る為に空気抵抗やフィット感を考えて設計されているので、その技術開発費が価格に盛り込まれているわけですね。

加えて、洋服同様にブランド料みたいなところだってありますし。

そもそも、衝撃からどの程度頭を守ってくれるかなんて、、よほど専門的なそのスジの方でもなければ、店頭で手に取って触ってみたってわかんないっす。。。

あくまでも個人的な落としどころにはなりますが、1万円前後くらいのものであれば、それなりに安心感をもって使えるんじゃないのかなぁ。。。と考えております。

ただ、なにせワタシ、形から入るタイプなものでしてカッコイイのが欲しくなっちゃうので、となるとやっぱり高額な物の中に「欲しい!」と感じるものは多くなるのですよね。。。
フレームとかも高額な物のほうが、ペイント含めデザイン、気合入ってるの多いですものね。。。
 

オススメのヘルメットは?

ここまで来るのに、思いのほか、長くなってしまいました、、、汗
ようやく、本題デス◎
この記事でも、これまでの記事でも再三書いていますが、ワタシ、見た目重視なサイクリストです。。。
なので、空気抵抗がどうとか、重量がどうとか、気にしてませんスミマセン、、、
洋服のコーディネートで帽子を選ぶ的感覚で、「ほ、欲しい。。。」と思ったヘルメットをこれから5つ「ドドン!コレです!」させていただきます◎

エントリーナンバーNo.1

さっそくですが、強いて言えばこれが本命かもしれません。
ブルーとイエローって組み合わせ、好きなのです。。。
形状が「風切ってますぜ感」弱めなところも好みです◎
良い知らせなのか悪い知らせなのかは分かりませんが、安田団長もコレ被ってました
愛車であるロードバイクのキャノンデール号も、ブルーとイエローでコーディネートしていきたかったんですけど、色々葛藤ありまして、保留とした為、これも購入は保留中となっております。。。ていうか予算的に今は買えませんね、、、涙
 

エントリーナンバーNo.2

「風きってますぜ感」アリますが、その手の中ではイケるデザインだなぁと◎
見た目重視なワタシですが、ロードバイクを買ったからにはスピードやレースとかにも興味はしっかりあるのですよね。オシャレオシャレしたカッコ良さもありますけど、スピードにストイックなカッコ良さもまたイイですし。
あとはKASKって自分の中では結構ブランドイメージが良いっていうのもありまして^^;
 

エントリーナンバーNo.3

ブランドイメージ、で言えば今はPOCが自分の中では特にステータス高めです。 
なんならヘルメット、サングラス、グローブをPOCで揃えてしまいたい衝動にさえかられております。。。エアロロードでもクロモリロードでも合いそうで使い勝手良しなデザインなところも欲しさに拍車をかけます。。。
 

エントリーナンバーNo.4

これはロードバイク買う前、クロスバイクのビアンキ号に乗っているときから欲しかったやつです◎
普段着でもイケそうなデザインですし、BROOKSのレザーサドルとかバーテープ使ってる自転車にバッチリ合いそうでイイなぁと。
あとは、「日本人の頭の形に合うという事ならOGK最強説」 を良く目にしますので、試してみたいっていうのもありますしね。
 

エントリーナンバーNo.5

最後はやはりGIRO。
これはたぶんマウンテンバイク用っぽいですかね。
でもまあ、全然ロードバイクでも使って良いと思っているんですけどどうなんでしょう?
自分のロードバイクがマットブラックなので、コレを合わせてみても悪くないかなぁ。などと考えています。
まあ今持っているのもGIROなので、次買うときはせっかくなのでGIRO以外のメーカーを選ぶと思いますけど、やっぱりコレもカッコいいと思います◎
 

レーシー過ぎないオススメのロードバイク用ヘルメット5選まとめ

以上、見た目から入るワタシが欲しいヘルメットを5つ、ご紹介させていただきました。
欲しいけど買えない、、、っていうもどかしさも含めて、ヘルメットひとつ取っても見ていると楽しいですね◎
ヘルメットなんてどれでもいいや」っていう方も少なくないとは思いますが、ヘルメットに限らず、なんなら自転車周りのものに限らず、物を買うときに細かな物でもいちいち色々探して選んで買うようにしてみると、ちょっとだけ楽しい人生になるような気がします。
なにかの参考になっていれば幸いデス。
ご清聴ありがとうございました◎

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ