読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Bicycle Club

ロードバイク・クロスバイクを中心にパーツ・カスタム・メンテナンス・ウェアなど、自転車ネタをよちよちとおおくりします◎

CANNONDALE SuperSix Evo Carbon (2017)
BIANCHI Roma3 (2016)

街乗り自転車に最適なヘルメット、BLUE LUGのカスクを使ってみた感想◎

『ちょっと近くのコンビニまで。』

とか、

『車通りのないような道をゆったりサイクリングを。』

みたいな時にロードレーサー感溢れるヘルメットを被るっていうのも、面倒だったりTPOに合ってない気がしたりするもの。

かといって、ノーヘルというのも一度ロードバイク乗り出すと、義務はなくとも被っておきたいって気持ちにもなるものです。

自分の場合はクロスバイクを買った際に、ヘルメットは買わずにちょこちょこと乗っていたのですが、スピードもそこそこ出るし、車も比較的多い街に住んでいるので、

「やはりヘルメットは必要かもなぁ。。。」

と数日で思い立ちました。

 

とはいえ、

「普段着でシューズも普通のスニーカーで乗るし、あまりレーシーなヘルメットはアンマッチだよなぁ。。。」

と、すぐさまGoogleやAmazonパイセンに相談。

GIROとかPOCとかKASKとかのメーカーで、普段着でも合いそうなものは見つかったものの、どれもお高い。。。

ヘルメットは大事だとは思いましたけど、あまりにもヘルメットの価格が自転車本体に肉薄するのもなぁ。。。と、しばし自転車業界の厳しさ(価格の。。。)に打ちひしがれておりました、、、

 

しばらく経ったある日、クロスバイク購入当初からたまにのぞいていた自転車屋さん「BLUE LUG」のオンラインショップをサーフしていると、なんだかそんなワタシ救済グッズとでも呼びたくなるような走攻守の3拍子揃った選手(ヘルメット)を発見◎

スカウトマン(ワタシ)はすぐさま契約(カートに入れる)を済ませ、入団(配達)を待ちました。。。。。。

 

。。。。。。無駄な例えと引きで妙なジラシを入れてしまいましたが、タイトルに書いてますからね汗

掲載のヘルメットがコチラ◎

f:id:TinyBicycleClub:20161213030035j:plain

BLUE LUGオリジナルのカスク"MY FIRST CASQUE"

こちらのヘルメットで、街乗り風なカジュアルさと、低価格なお財布への優しさと、出先でカバンにサッとしまえる持ち運びやすさを手に入れました◎

5000円ちょっとくらいだったかと思います。

わかりやすいイメージとしてはラグビーの選手が被ってるアレでしょう^^;

コレ見るまで全く知りませんでしたが、こういう形状のヘルメットをどうやらカスクっていうみたいですね。

先にも名前出ましたが、KASKってヘルメットのメーカーもあったりするので非常に検索に不向きな気がします。。。汗

f:id:TinyBicycleClub:20161213030116j:plain

後ろはこんな感じにベルクロでサイズ調整ができます。

自分は頭回りが60cmくらいある(デカイ)ので非常に助かります◎

f:id:TinyBicycleClub:20161213030150j:plain

更にこんな風に折りたためるので、カランカランと持ち歩く必要もナシ。カバンに余裕で入ります◎

すごく軽いですしね。

 

被ってみるとこのようになります。

f:id:TinyBicycleClub:20161212233956j:plain

頭がデカイ上にキャップ被っちゃってるんで、割と浮いちゃってますね、、、汗

ただこんな感じにサイクルキャップだけでなく、普通のキャップ(写真はキャノンデールのキャップですけど^^;)だったり、頭大きくない人ならワッチキャップとか少し厚手の帽子を被ったまま着用できるっていうのはだいぶイイです◎

 

カジュアルで安くって持ち運びやすいって所はなんとなく伝えられたかなと思いますが、一見して気になりますよね。

防御力。。。

まず、ご覧の通り隙間デカめなので、仮に落車した時にこの隙間から頭に何かぶつかれば余裕でアウトですよね、、、

とはいえ普通の自転車用ヘルメットにも隙間はあるし、落車時に頭を打つちしたら壁や地面といった「面」に打つと思うので、そういうことでこのデザインなのかなぁとは思いますけども。。。

 

作りとしては外側はコーデュラナイロン素材(よくメッセンジャーバッグに使われるヤツですね)で、全体的にウレタンぽいパッドが入っていて、それが衝撃を和らげるって寸法かと思います。

実際、通常のロードバイク用ヘルメットなどと比べて、衝撃からどの程度頭を守れるのかを自分で確認するには、2度落車して2度頭をぶつける必要があるので割愛しますが、触ってみると「結構大丈夫そうじゃない?」って気にはなります^^;

 

とはいえ、自分はロードバイクでは使っていません。

何も被らないよりは絶対にこのヘルメットを被った方が、ダメージは軽減できるはずですが、やっぱりスピードがかなり出るロードバイクだと心許なさは感じますので。。。

クロスバイクに乗るときは今でもたまに使うので、最初に書いたように、ちょっとした街乗りや、ゆる~いサイクリング用としては優秀なヘルメットじゃないかな~。と思ってレビューしてみました◎

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ