読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Bicycle Club

ロードバイク・クロスバイクを中心にパーツ・カスタム・メンテナンス・ウェアなど、自転車ネタをよちよちとおおくりします◎

CANNONDALE SuperSix Evo Carbon (2017)
BIANCHI Roma3 (2016)

ポタリング用にオススメ!NIKE(ナイキ)テックフリースパンツを購入してみました◎

転車ライドに良さそうな予感◎

なんてブログに書いて数日。

「買おうかなぁ。どうしようかなぁ。。」

とAmazonとニラメッコしては脳内会議にかけ続けていた本案件でしたが、結局買っちゃいました^^;

一応、メインの用途はご近所やゆったり自転車ライド、いわゆるポタリング用って感じですかね。

フリースだからちょっと肌寒い時でもコレ履いていれば、ジーパンとかスウェットパンツとかより断然暖かいだろうなぁと◎

とはいえ、自転車用のウェアにも近頃なかなかお金を使ってしまっているなぁ。。。という反省もだいぶあったので、自転車用だけの為にってなると悩ましかったのですよね。。。汗

このNIKEのテックフリースパンツの購入の後押しになったのは、普段着使いがかなりイケるんじゃないかしら◎というトコロ。

百聞は一見に如かず。という訳でさっそく一見してみましょう◎

f:id:TinyBicycleClub:20170224225600j:plain

こんな塩梅です。

良く考えると、上半身というか上着も多少写したほうが、私服としてイケるかどうかは判断しやすかったですね汗

左足のほうにNIKEのロゴがございます。

ヒザの部分は立体裁断(?)というか、動きやすくヘタリにくくしてくれそうな感じになってます。(専門的な事がわからずですみません、、、)

f:id:TinyBicycleClub:20170224225713j:plain

股の部分は、グラミチの180度開脚可能なガゼットクロッチのような感じになっているので、サドルに座っても縫い目がお尻や股間に当たる事もなく、やはり自転車ライドには良さそうですね◎

f:id:TinyBicycleClub:20170224225628j:plainで、購入前に「ベンチレーションなのかな?」と気になっていたサイドのジッパー部分(ドローコード付き)はこんな感じにかなりがっつり開きます。

f:id:TinyBicycleClub:20170224225746j:plain

ベンチレーションというか、かなりガバっと物を突っ込める大きなポケットっていう感じでした。

右脚のみについているのは単純にデザイン的にそうしただけなんですかね?

まあ、ベンチレーションではなかったですけど、開けておいたら熱は逃げるんじゃないっすかね?←適当(笑)

あ、そうそう、写真載せた後に今更ですが、カラーは悩んだ末、カーキにしました。

 

普段着として2度、超ご近所ライドに1度、履いてみましたけど、めちゃくちゃ履き心地が良いです◎

フリース素材で、足首はリブで閉まっているし、暖かさもバッチリでした。

ロードバイクでがっつりロングライドをするなら当然、自転車用に作られたサイクルパンツのほうが良いとは思いますが、クロスバイクとかシングルスピードとかで街乗りするならなかなかにオススメできる一品かなと、そんなインプレでございました◎

 

ちなみに、もう一つの購入の決め手は、ちょっと休みの日の運動にボール蹴りでもしようかしら◎とフットサル用のボールを買ったので、サッカーする時に履ける!というのも大きかったのでした^^;

f:id:TinyBicycleClub:20170224225826j:plain

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 

ビアンキROMA3用に木梨サイクルのキーホルダーを買ってみました◎

ーホルダーを久しぶりに買ってみました。

タイトルの通り、木梨サイクルのキーホルダーですね。

ブログでの触れましたけれど、木梨サイクルのお店には一度だけ行った事がありまして、自転車好きになってしまうとなんだかついつい気にはなってしまうお店ではありますよね。

が、今回はヤフオクで買ってみました。(安かったので◎)

木梨サイクルというと、伊勢丹だったりCHARI&COだったり、アニメとかコラボ商品もかなり沢山だしていたり、パーカーやTシャツ、バッグなどアパレル商品も充実していて、もはやお店というよりサイクルアパレルブランドってイメージですねぇ。

 

で、さっそくですが、今回買ったものはコチラ◎

f:id:TinyBicycleClub:20170218210840j:plain

なんていうんですかね、こういうの。

昔のママチャリの鍵に(今もなのかな?)必ずくっついているタイプのキーホルダーですよね。

木梨サイクルのロゴもレトロ感あるんで、ロゴとキーホルダーのレトロさがなかなかフィットしていて気に入りました◎

更に鈴もついているっていう徹底したレトロ路線。

カラーバリエイションもいくつかあったのですが、ビアンキのROMA3号に使ってみようかなって事で、 水色をチョイスしてみました。

鈴は取ってしまおうかなとちょっと考えましたが、今ビアンキ号はちょっとした街乗り用として使っているので、ベル代わりというかベル鳴らさずに「自転車通りますよ~」アピールができるかな?って事でとりあえずは付けたままにする事に。

クマ除けのベアベルみたいな感じで自転車用のキヅキベルみたいな商品も売っているくらいですしね◎

 

そして、ビアンキ号に(というかFairweatherのフレームバッグにですが)取り付けてみた感じはこんなんになりました~。

f:id:TinyBicycleClub:20170218210912j:plain

買う前はサドルのレールに付けようかなぁと思っていましたけど、ひとまずはフレームバッグに付ける形で落ち着きました。

 

とまあ、だいぶ小ネタ過ぎる感じなので、ついでと言ってはあれですが、普段自分が家の鍵とか用に使っているキーホルダーとかさらしてみますね^^;

f:id:TinyBicycleClub:20170218211206j:plain

左はハンティングワールドのレザー・キーホルダー。まあこれは自転車あまりにも関係ないですね汗

右はOJAGA DESIGN(オジャガデザイン)のキーホルダー。というかキーカバー(?)。

オジャガデザインのほうも立川の工房でハンドメイドしているレザーブランドなので、自転車用のブランドってわけではないのですけど、BLUE LUGさんで取り扱っているブランドなので、自転車好きな方でも使っている方多いかなと思います。

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

NIKE(ナイキ)テックフリースパンツが自転車ライドに良さそうな予感◎

ポーツ自転車に乗る時のガチ過ぎない、カジュアルなウェア。

ワタシも今でこそロードバイクに乗るときの大半は、サイクル用ロングタイツにSPDシューズってな着衣を身にまとい、サイクリングロードに繰り出してはいますが、ちょっとしたポタリングや買い物みたいな時は動きやすいカジュアル、スポーツウェアで乗っていますし、乗りたいなと思っています。

サイクルウェアって基本的にピタっとしているので、着るのがやや面倒ですしね。

このブログでも割と頻繁に、サイクリングにも使えそうなカジュアルウェアについて書いていたりします。

そんなわけで今もちょこちょこと、普段着や他のスポーツやるときにも使えて、自転車にも使えそうってアイテムの物色をしておりまして。。。

で、目下「イイんでない??」とアタリを付けているのがコチラ。  

 

f:id:TinyBicycleClub:20170212220817j:plain
(ナイキ)NIKE TECH FLEECE PANTS ブラックL 545343-BLACK/BLACK/BLACK-L [並行輸入品]

この冬、結構なヒットを飛ばしているNIKEのTECH FLEECEですネ◎

店頭に並び始めた頃から、「動きやすそうだし良いなぁ。」とは思っていたのですが、よくよく考えたら、これめっちゃ自転車に良さそうだな◎と、時間差で今更思ってきた訳で^^;

素材はフリースなので暖かさは文句ナシでしょうし、サイドにはベンチレーション(実物見てないのですがたぶんそうですよね??)もあって、裾はゴムのリブになっていて、ジョガーパンツのような今年っぽいシルエットなのも良い感じだなぁと。

欲しいなぁと思いつつもまだ買えておらず、もう2月の中旬になってしまったので、購入可能性は五分五分な感じではありますが、普段着にガンガン使えそうなデザインなのがかなり惹かれております。。。

購入していないので、「肝心なサイクリングに使ったらどうなのよ?」ってインプレは書けずですが、天下のNIKE様ですし、そのNIKE様が今季特に力を入れている素材なので、運動のしやすさに関しては個人的には全く心配はしておりません。

唯一気になるのは、へヴィに使用した場合、サドルと接地するお尻の部分の生地は大丈夫かなぁ。。。ってトコロですね。

自分の場合は、せいぜい20キロ以内のポタリングにしか履かないと思うので、その点もよほどもろくさえなければって感じではありますが^^;

お財布事情もありまして、もうちょい悩んでみようかなという状況なもので、もし「自転車に使うにはケツの生地厳しいかも。」とか「チャリにもサイコーバッチリ◎」なんて購入した方のご意見あったら有り難いです◎

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ロードバイクのステムを110mm、トップカバーを5mmに交換◎

テムとトップカバー、1カ月以上前に購入していたのですが、ようやく交換作業ができる時間があったので、せっせと交換をしてみました。

作業自体はベリーイージーではありますが、交換方法を交えて購入品のご紹介をやっていこうかなと思います◎

購入したステムとヘッドカバー

今回購入したステムがコチラです◎

RITCHEY(リッチー)カーボンMATRIX ステム

f:id:TinyBicycleClub:20170205231131j:plain

リッチー(RITCHEY) WCS C220 カーボンMATRIX ステム(1-1/8”・クランプ径31.8) マットUDカーボン 110mm(84°)

以前このブログでも書きましたが、年始にWiggleで購入したものですね。

カーボンで包み込んだアロイボディで重量は126g。

自分のキャノンデールSuperSix Evo号のフレームと同じく、表面のカーボンはマット仕上げがされているタイプだったので、しっくりくるかなぁという事で購入してみました。

クランプ部はc220というハンドルを包み込むようなRichey独自のものになっています。
まだ付けたばかりなので実体験としては分かりませんが、どうやらハンドルへのダメージ軽減の効果があるそうです。

今使っているキャノンデール号純正のステムは100mmなのですが、こちらは110mm。
せっかくだからもっと変化付けても良いかとも思いましたが、あまり変え過ぎて乗りづらくなるのも怖かったので、刻んでみました汗

 COBBトップカバー(トップキャップ)

続いて購入したトップカバーです。

f:id:TinyBicycleClub:20170205231209j:plain

COBB 5mm Top Caps(オーバーサイズ)

キャノンデール純正のものが25mmくらいあってなんだかなぁ。。。とずっと気になっていたので、ステム交換する時に一緒に替えてしまおう◎と購入してみました。

5mmなのでステムを下げようと思えばこれまでより20mm更に下げる事が可能になります。(まだまだそんなに下げる予定はありませんが。)

正直このメーカー全然知らないので、安心と信頼のFSAの物とちょっと悩みましたが、なんとなくこのCOBBってロゴも悪くないかな。。。と思ってこちらにしました。

ステムとヘッドカバーの交換

何枚か交換作業中に写真を撮ってはみましたが、ステム交換はだいぶ簡単ですからね^^;

まずはハンドルを固定しているボルトを緩めていきます。

f:id:TinyBicycleClub:20170205231243j:plain

緩める際は例えば最初に左上を少し緩めたら、次は右下、次は右上、左下、のようにクロスするような順番でやったほうが良いみたいです◎ 

外れました◎

f:id:TinyBicycleClub:20170205231316j:plain

 今度はヘッド側のボルト2本を外していきます。

f:id:TinyBicycleClub:20170205231517j:plain

これも、片方だけを一気に全部外すのではなく、交互に緩めていって外します。

ヘッドキャップも同じくアーレンキーで回して外します。

f:id:TinyBicycleClub:20170205231559j:plain

あとはステムを持ち上げればスポっと外れます◎

f:id:TinyBicycleClub:20170205231645j:plain

今回はトップカバーも交換するので、スペーサーを一度全部外して、一番下に購入したCOBBトップカバーを入れてスペーサーを戻してから、ステムを差し込みます。

f:id:TinyBicycleClub:20170205231720j:plain

取付けは、外した時の逆の順番を行えばOK◎

アーレンキーで締めるときは交互、またはクロスさせた順番で締めていきます。

そのほかの注意点が一点だけ。

ヘッド側を締める際は、ステムのボルトだけを先に仮留め程度の力で締めてから、ヘッドキャップを締めます。それからステムのボルトを規定のトルクで締め付けます。

順番が違うとヘッドにガタが出ちゃうのでステムを取り付けるときはここだけ気を付けたほうが良いのかなと◎ 

ステム&トップカバー交換完了

写真撮りながらやったりしてしまったもので、なんだかんだ30分ちょっとかかって交換が完了しました◎

f:id:TinyBicycleClub:20170210200031j:plain

f:id:TinyBicycleClub:20170209104213j:plain

キャノンデール純正のもそんなに悪くないな(デザイン的に)とは思っていましたけど、RICHEYのがカッコいいっすね◎

ただ、10mm伸ばしたので、せっかくのカーボン(表面だけですが^^;)ステムなのに、重量はほとんど変わらずでした。。。

ちなみに変える前のキャノンデール純正ステムはこちらでした。

f:id:TinyBicycleClub:20170210200147j:plain

真横からのアングルで比較してみます◎

ステム、トップカバー交換前

f:id:TinyBicycleClub:20161227000357j:plain

ステム、トップカバー交換後

f:id:TinyBicycleClub:20170210195925j:plain

ダイナミックに見栄えが変わったっていう感じではありませんが、レーシーにはなったのかなぁと◎

この交換の機会に、せっかくだからステムを5mm下げようと思っていたのですが、すっかり忘れてそのまま取り付けてしまいました涙

10mmか15mm下げる事があったら、コラムカットもしてしまいたいところ。

そんなわけで今回は、ステムを純正の100mmからRICHEYの110mm、トップカバーを純正の25mmからCOBBの5mmに替えてみました~◎というお話しでした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ロードバイク用ボトルのアレコレ。オススメはCAMELBAK(キャメルバック)!?

ードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車でのサイクリングには欠かせない水分補給。

「ちょいとコンビニまで。」とか「10キロ程度の通勤に。」であれば、もし喉が乾いても自動販売機で飲み物買えば問題はないと思います。

これがスポーツ自転車となると、50キロ、100キロ、200キロなんて距離を走る事もある、というか走りたくなるもので、そうなるといちいち停車して飲み物買って、自転車から降りて水分補給をするというのはタイムロスだし面倒ってもの。

サイクリングロードとか走る場合は、そもそも自動販売機やお店が全然無かったりもしますしね。

そんな訳でロードバイクに乗っている大半の方はひとつは持っているかと思われますサイクリングボトル

クロスバイクの方(街乗りや通勤通学目的の方はあまり使わないのかもですが)も半数くらいは持っているのではないですかね。

このサイクリングボトル、初めて使った時はなかなかに「おぉ、、!」と感嘆しました。

特徴を一言で言えば、片手だけで飲める。というもの。

通常の水筒やウォーターボトルはフタを回して開けるので、どうしても両手を使うじゃないですか。

サイクリング用は自転車に乗りながら飲みたいって訳ですから両手使わないといけないようじゃあNGです。

飲み口の部分はいくらか種類あると思いますが、ボトルをぎゅっと握る(押す)と飲み口から飲料が出てくるって寸法。モチロン逆さにしても中身はこぼれないです。

今は使い慣れちゃってなんとも思いませんけども、最初は「すげー良くできてるなぁ。。。」と感嘆したものです^^;

飲み口の部分はいくらか種類があると書きましたが、主要なところでいうと2種類でしょうか。

飲み口を持ち上げる(ライド中だと口で)と中身が出るタイプと、飲み口はなにもせずでもボトルを握れば中身が出るタイプ。

自分の持っているボトルの大半はCAMELBAK(キャメルバック)製なのですが、キャメルバックは後者なんですよね。

これが相当使いやすくって重宝しまくっております。

フタもないのに逆さにしても漏れが全くなく、握るだけで水飲める訳ですからほんとサイクリングにはジャスト過ぎます。

前者の方は自分はSwift Industriesのボトルがそうなのですが、使いにくいって事はないですけど、飲み口の上げ下げの動作がある分、ちょっと面倒ではあります。

このブログでも書いたKlean Kanteen(クリーンカンティーン)のボトルに別売りで取り付けた飲み口もこの飲み口を持ち上げるタイプですね。

そんなわけで、個人的にはキャメルバックの使用感にすっかりヤラレてしまいまして、もし初めてこれからボトルを買う方や使った事がないという方がいましたらば、俄然キャメルバックをオススメしたい訳ですが、ボトルって結構自転車のフレームに取り付けると目立つじゃないですか。

ここで見た目重視のワタシの悪いところ(?)が出てくるわけですが、現状割とすんなりこの点も解決しました。

Raphaが販売しているロードバイク用のボトルのボディ(ベース)がキャメルバックでして、これがルックスも良い塩梅で。

f:id:TinyBicycleClub:20170205030000j:plain

610mlと710mlの2サイズ展開なのですが、自分は610mlのほうを4つほど現在持っています。(買い過ぎかな。。。)

サイズについては最初に買ったキャメルバックのものが750mlだったので、なんとなくRaphaのはそれより小さめにしてみたって程度の理由です^^;

何度かこのブログでも書いていますけれど、自分のロードバイクやクロスバイクのドレスアップのスタイルというか考え方は、その日の気分で毎回洋服や靴を毎日着替えるように(取り外しが容易なアイテムについては)、自転車に取り付けているアイテムも着せ替えて遊びたいのですよね。

なもので、自転車は現在2台所有しているのですが、サイクルボトルは7本ございます。。。^^;

f:id:TinyBicycleClub:20170201223706j:plain

ボトルは値段もだいたい2000円前後で買えますし、自転車のフレーム面積に対して結構な目立ちっぷりですから、見た目の気分を変えるのにはもってこいな訳で、日々ガンガン買ってしまいそうになるのをこらえております。(自転車2台しかないのにボトルをこれ以上増やすのも流石にどうかとは思い始めていまして汗)

とはいえ、Raphaのブラックのボトルも欲しいなぁ。とか、キャメルバックのブルー×イエローのやつもずっとアマゾンの欲しいものリストでスタンバイしていたり、KOALAの磁気ボトルも気になる。。。などと、まだ1,2本は近いうちに買ってしまいそうです、、、^^;

自分のロードバイクはボトルケージ2つ付けていますけども、実際、一回のライドに2本ボトル必要な時ってあんまり自分の場合無いのですけどね。。。

 ボトルケージについても、3つほど書いていますので、ボトルよりボトルケージを探しているっていう方は↓も覗いてみてください◎

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ