Tiny Bicycle Club

ロードバイク・クロスバイクを中心にパーツ・カスタム・メンテナンス・ウェアなど、自転車ネタをよちよちとおおくりします◎

CANNONDALE SuperSix Evo Carbon (2017)
BIANCHI Roma3 (2016)

ロードバイク好きの性。自転車ポスターを買ってしまいました。

きなものに囲まれた生活がしたい。

そう思うのが人間の性ってものかと思います。

好きなバンドやアーティストができればグッズも欲しくなるし、コレクターって呼ばれるような方などの根幹はおしなべてコレが根っこだろうかと思います。

クロスバイク、ロードバイクとハマり、このようなブログまで書き始めてしまうワタシも、ご多聞に漏れず自転車に対してそんな気持ちがふつふつと湧き上がっておる次第でございます^^;

一番の理想はやっぱり、自転車専用部屋とかガレージとか、"好きなものに囲まれる"という意味では憧れ、というかもう究極ですよね。

「いずれは、、、」とは夢見ますが、広くはない賃貸マンションに自転車2台を室内保管するのが精一杯な現実もございまして、部屋の一角だったり、ところどころに自転車グッズを散りばめる程度にとどまっております。。。汗

そんな散りばめのひとつとして、好きな物に囲まれた生活をする界の4番バッター、ポスターを買ってみました。もちろん自転車の。

さっそくお披露目いたします。

f:id:TinyBicycleClub:20170201222736j:plain

ロシア・アバンギャルドの代名詞、ロトチェンコが大好きなワタシなのですが、このロトチェンコ風なデザインにかなり惹かれました。

大好物なロトチェンコ・テイストで、大好物なロードバイクが描いてあるのですから、そりゃあもう即買いです。

直接壁に貼り付けるというのも味気ないので、フレームも購入してしまいました汗

f:id:TinyBicycleClub:20170201222639j:plain

1000円程度の安いフレームながら、なかなか良い塩梅に仕上がってくれ満足◎

というか、このポスター、なんのポスターなのか分からないんですよね。。。どうもスイスに向かって走っておる様子ではありますが。。。(分かる人いたら教えてください、、、)

自転車関連のポスターと言えば、そういえばコイツも貼っておりました。

f:id:TinyBicycleClub:20170201224346j:plain

ツールドフランス2016公式ガイドブックの付録(?)のコースマップ。

コースマップなので、ポスターというかなんというか。。。なのですが終了した現在も貼り続けております。。。

忙しさや寒さ、雨なんかで自転車に乗れない日でも、こんな風にポスターとか部屋に好きなものがわさわさあると、なんだか気がまぎれるというか悪い気はしないですよねぇ。などという、本日はたわいのない事ハンパない雑談でした^^;

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

街乗り自転車にバッチリなデザインのボトルケージ。PORTLAND DESIGN WORKSのOWL CAGE◎

ったのはずいぶん前ではありますが、そういえば特に触れていなかったので。。。

クロスバイクのビアンキROMA3号に取り付けている、フクロウの形をしたボトルケージ。

このブログにアップしている写真の中にはちょいちょいフレームインしているとは思いますが、改めて接写してみましたのでご覧ください^^;

f:id:TinyBicycleClub:20170131183118j:plain

いい面構えをしております◎

横顔も撮ってみましたのでご覧ください。

f:id:TinyBicycleClub:20170131183155j:plain

横顔もなかなか凛々しいです。

ロードバイク、クロスバイクってお値段が貼るので、車体購入の直後って、高額なパーツにまでお金回らないんですよね。

でもどっかイジりたいなぁ。。。って思うのが男の子の性ってもの。。。

そんな場合はボトルケージにいっちゃいますよね。安いし。見栄えも変わるし。

比較的、というかほとんどこのブログで取り上げているパーツは、安くて簡単に取付けができる見栄えが変わるアイテム。って感じなんですけどね。。。汗

 

で、このボトルケージなのですが、PORTLAND DESIGN WORKSってうポートランドの自転車用アクセサリーブランドのものだそうです。

カラーバリエーションもあって、このゴールドの部分がシルバーとかレッドのものも出ています。

自分はフクロウが大好きなのでフクロウを買いましたけど、スワロー型もあって、正直スワローのがカッコイイと思います^^;

アルミ製なので軽くはないのですが、そもそもデザインがレーシーでは全くないですからね。

クロスバイクとか街乗り用のシングルスピードとか、クロモリフレームとか、カジュアル要素のある自転車なら、なんでもイケちゃうと思います◎

気になるお値段は2400円で買いました。

ワタシはBLUE LUGさんで購入しましたが、ワイズロードで売っているのも結構見かけます。

そんなわけで、ワイズロードさんでも売っているものなので、見かけたことのある人も多そうではありますが、本日はフクロウ型のボトルケージにスポットライトを浴びせてみました^^;

f:id:TinyBicycleClub:20161227023526j:plain

 ボトルケージネタでは、以前↓の記事も書いているので、「ボトルケージで迷っているぜぇ。。。」という方がいらっしゃいましたらこちらも是非☆彡

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

サイクリングにもオススメなオシャレなバッグ◎クレッタルムーセンのBor

転車専用アイテムではないのですけれど、最近バッグを買いまして。

KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)のBor(ボール)というバッグです。

スウェーデンのアウトドアメーカーなのですけど、このメーカー、基本なかなかお高いのですよね。。。

ただ、このBorは定価でも10000円ちょっとと、お手頃ラインとなっておりまして、小さめで日常使いできるカバンを探していたのでゲットしてみました。

自転車ブログたるこちらに何故書くかと言いますと、このバッグ、手さげとショルダーの2WAYになっていまして、ショルダーバッグとして使ってみると、サイズ感や軽さ、素材感的にもサコッシュ代わりに使えるんじゃないかしら◎と感じましたもので、今回ご紹介してみます。

KLATTERMUSENってどんなメーカー?

1984 年スウェーデンにてPeter Askulv(ピーター・アスカルブ) によって創業。 バッグパック及びゲイター作りからのスタートだった。機能的な商品が増えるにつれ、またたくまにカタログ通販にて注文が増加し、KLATTERMUSEN の名前はスウェーデンを中心に浸透し始めた。 1995 年頃にはヨーロッパでのアウトドアブームにより、アウトドア専門店が急増、通信販売をストップさせ製造卸メーカーとしてのKLATTERMUSEN を確立。2000 年頃には18カ国251店舗にて展開するまでに至る。

KLATTERMUSEN公式サイトより引用

メインはジャケット類、そしてバッグ類ですかね。

スウェーデンのアウトドア・ブランドってことで、自分の買ったバッグに限らず、どの商品もそこはかとなく小洒落ておりまして、アイテムを色々見ていると、どれも欲しくなってしまいます。。。汗

しかしながら最初に書きましたけども、お値段のほうが非常にお高いのですよ。。。

ジャケットならまだしも、大きめなバックパックとかも10万超えの商品も珍しくはない感じでございます。。。

これは5万円弱くらいなのですけど、デザイン超良いっすよねぇ。。。機能面も申し分なさすぎそうっす。。。

 このマウンテンパーカーとかも、相当良さそうですが、Amazonで値引きされていても10万円をやっと切るくらいという。。。

アウトドア・ブランドながら、デザインはこてこてのアウトドアって感じではなく、わりとアーバンな感じのものも多いので、ストリートファッションが好きな人とか、女性からの需要も高いっぽいです。

購入したバッグ。KLATTERMUSEN Bor(ボール)

そんな高額なメーカーなもので、「良いなぁ。。。」とは前々から思っていたものの、実際に購入するっていうのはあんまり考えていなかったんですよね。

ただ、普段仕事とかに行くときに使うバッグが割とサイズの大きなものばかりを使っていて、「もうちょっと小ぶりなバッグ欲しいなぁ。」って事でアレコレ探したり検討していました。

そんなこんなで、「LLビーンのトートバッグにしよっかなぁー。」と決断をしかけていたのですが、ふとフレッタルムーセンを思い出しまして、大本命のLLビーンを大外から最後の直線でぶっちぎる恰好で、コチラを購入いたしました◎

f:id:TinyBicycleClub:20170128131459j:plain

最初に書きましたが、Bor(ボール)というモデルになります。

容量はたぶん13リットルとかだと思われます。

ロゴの下(ロゴがカッコイイ◎)に書いてありますが、リサイクルナイロン素材で、かなり軽いです。

現行モデルからロゴが変わっているみたいで、好みになるとは思いますけど、こっちのロゴが良い!っていう方は、まだアマゾンとかにはこのロゴのも出ているので、無くなる前に買うのが吉◎かもしれないです。

内側はこんな感じ。

f:id:TinyBicycleClub:20170128131558j:plain

内側は特に仕切りはなく、この赤い部分のポケットのみという作りです。

パッと見、たぶん気になった方も多そうなひらひらと波打った部分は、カラビナとか引っ掛けられるループになっているので、こんな風に使うこともできます◎

f:id:TinyBicycleClub:20170128131526j:plain

ハンドストラップとショルダーストラップの付いた2WAY仕様なので、自分はショルダーストラップを短めにして、トートバッグのような感じで普段は使っています。

f:id:TinyBicycleClub:20170128131834j:plain

サコッシュ代わりに使える?

ここで、ようやくの本題ですかね^^;

自転車のブログだというのに、あやうく、ただのお洋服好きのブログになるところでした汗

サコッシュ代わりとして、要するにロードバイクなどでのサイクリング時に有能なバッグなのでしょうか?ってお話しですね。

ちなみにサコッシュって今のところ、自分はバイクロアでもらったLOVE BICYCLE SAITAMAの物しか持っていないので、いろいろなサコッシュを試してみたという事ではないのですが。。。

ポイントとしては以下が挙げられますかね。

  • 軽さ
  • 防水性
  • サイズ感

重量については、現行モデルのカタログ値で300グラム。全然合格ラインだと思います◎

防水性は、ナイロン&ジッパー付きなのでちょっとした雨とかなら問題ないと思いますが、完全防水ではないので、大雨とかだと中身は濡れちゃうと思います。ただ、サコッシュって考えると、サコッシュって布製のものが大半でしょうし、そこはまあ完全防水である必要はないのかなと。

サイズ感はいわゆる一般的なサコッシュより一回り大きいくらいかと思います。底はマチがあるので、容量はサコッシュよりも全然詰め込めます。鍵やパンク修理セット、財布やモバイルバッテリー、みたいなサイクリングに必要な一式全部コイツに詰め込んじゃうっていうのもアリですね。

うん、完全に及第点ですね◎

加えていうなら、カラビナとかをかけれるループが大量についているので、自転車の鍵とか、日中は使わない自転車のライトとかをこれに引っ掛けておくっていうのも粋な感じもしますね◎

 

そんなわけで、サイクリングにも普段使いにも両方使えるバッグが欲しい!っていう方には、なかなか優秀なバッグじゃないかなと思ったので、今回はクレッタルムーセンのBorというバッグの事をしたためてみました◎

このBorとほぼ同じ価格帯&サイズ感で、BAGGI(バギー)っていうモデルもなかなかイカしますので、気になった方は見比べて検討してみてください☆彡

 

サイクリング使いできるバッグについては、過去記事↓もあるので、こっちも検討材料に使っていただけましたらばm(__)m

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

カンパニョーロのチェーンステーガード(シール型)をロードバイクに貼ってみました◎

ェーン落ち。

現在のところ、幸いなことに経験した事はないのですが、当然、可能性としては今後起こりうる事だとは思いまして。

とはいえ、そこまでナーバスには考えておらず、特に対策をこうじてはいませんでした。

チェーンステーガードなんかは、チェーン落ち対策もありつつ、ドレスアップというかルックスに変化を付けるのにも良いかなぁって気持ちもあったので、

「なんか良いのあったら買ってみようかしら◎」

といった心持ちで、ヒマなときにアマゾンなんかを覗いてみたり。そんな感じで過ごしておりました。

 

諸先輩方のロードバイク事情をブログやSNSなどで拝読しておりますと、チェーン落ちでガッツリとチェーンステーの塗装を持っていかれたり、無念過ぎるケースだとカーボンが破損したり、、、そんな惨劇の可能性もゼロではないと思うと、「ノーガードでのんきにサイクリングしている場合じゃあないのかな。。。」そんな気持ちもちょっと沸いてしまいますけれど。。。

 

そんなわけで、初心者なりに対策を考えてみます。

チェーン落ちの対策・防止アイテムとしては、ざっくり以下の2択でしょうか。

  • チェーンキャッチャー
  • チェーンステーガード(フレームプロテクター)

前者のチェーンキャッチャーは、その名の通り、脱落するチェーンをフレームに当たらないようにキャッチして(止めて)くれるアイテム。
チェーンガイドとかチェーンフォールプロテクターとか、メーカーによって呼び名はまちまちっぽいですね。

↓こんな感じのやつです。 

 

それにしてもKCNCはこういうニッチなアイテムはなんでも揃ってますね^^;

 

チェーンステーガードのほうは、こちらもその名の通り、チェーンステーを守ってくれるアイテム。フレームパッドのようにグルっとチェーンステーを包むタイプと、シール(ステッカー)を貼るだけのものがあるようです。

↓こんな感じのやつです。 

 

それにしてもLEZYNEもわりとなんでもありますね^^;

ロードバイクを買う前、クロスバイクのビアンキ号に乗っていた頃から、上にあるレザインのは割と「買おっかなー。」と思っていたのですが、なんだかんだでずっと保留していまして。

というか、ビアンキのクロスバイク(自分のはROMA3なのですが)って、チェーンキャッチャーが最初っから付いているんですよね。チェーン落ちの事を気にしだすまで、ずっと気が付かず(というか知らず)でした。。。汗

なので、ビアンキ号はひとまずノー対策のままステイ。
フレームもアルミ製だし、万一チェーン落ちしても塗装剥がれくらいで勘弁してもらえるでしょう。。。^^;

 

問題はロードバイクのキャノンデール号パイセンです。
カーボンフレームだし、マット塗装だし、なんだかチェーン落ちした場合の被害がデカそうな気がします。。。

"対策"としては、チェーンキャッチャーの類のほうが、有効っぽい印象を受けるものの、なにぶん本件に関して自分はトーシロであります。。。

「チェーンキャッチャーはもうちょっとお勉強&色々探してからでも良いかな。」

と言い訳を自分にカマして、まずはチェーンステーガードに照準を合わせる捜査方針に決定いたしました。

で、最終候補に挙がったのが、上に挙げていたレザインのものとリザードスキンズの2つ。

レザインのはフレームパッド型の物で、リザードスキンズのはシール型。

フレームパッド型なら、ベルクロで取り外しが可能っていうのがメリットですが、ちょっとビジュアル的にかさばるのはデメリットですかね。(付けている感が欲しい方にはこれもメリットになるかと思いますが。)

シール型のは、シールなんで全くかさばらないのはグッドですが、そこまでフレームを守ってはくれなさそうな気はしちゃいますかね。。。

そんな「どっちにしようかしら。。。」というせめぎあいはなかなか決着を見せず、またまた購入が先延ばしになっていたんですが、ええのん(個人的にですけど^^;)見つけちゃいました◎

その、ええのんがコチラ↓◎

f:id:TinyBicycleClub:20170126230125j:plain

Campagnolo(カンパニョーロ)のシールタイプのチェーンステーガード。

詳しい事は自分も良くわからないのですが、カンパニョーロが販促用に作った物らしいです。(なもので、販売サイトのリンクが見つけられずでした。。。)

写真の下2枚がチェーンステー用ですね。他はお好みでステッカーとしてお使いくださいって感じでしょうか。ステッカーシートになっているのがなんだか嬉しいです。

リザードスキンズのもの同様、カーボン柄になっていて、そこにカンパのロゴがどっかんっていうデザインも気に入りました◎

 

早速貼ってみました。

f:id:TinyBicycleClub:20170126225956j:plain

控えめ過ぎず、派手すぎず、自分のキャノンデール号にはかなりしっくりいった手ごたえを感じております。

ちょっと引いてみるとこんな塩梅です。

f:id:TinyBicycleClub:20170126230157j:plain

慌てて貼ってしまったので、貼る位置をもうちょっと検討してみても良かったかな。。。という思いはちょっぴり残りますが、おおむね満足がいきました◎

写真には写っていませんが、カーボン柄がこのロードバイクに使っているサドルの柄と相性が良いんですよね。

そんなこんなで、チェーン落ち対策としては激弱だとは思いますが、ひとまず、こちらのシール型のもので過ごしつつ、チェーン落ち対策アイテムの捜索は続行してみたいと思います◎ 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

   

Raphaのセールで1000円で買ったアームウォーマーの調子の程は!?

れほど寒がりなんだよ。。。

というツッコミ待ち?

そんな勢いでロードバイクの防寒対策ウェア&アイテムの事ばかりとなってしまっていますが、たぶんこの冬はコレで最後なはず、、、デス、、、^^;

アームウォーマーRaphaのセールで1000円だったもので、ついでっぽく買ってみておりまして、しばらく自転車に乗れる時間が取れずで未開封のまま放置状態だったのですが、ようやく先日出番がやってまいりました◎

たぶん、セール時に店舗には置いていなかったと思うので、オンラインショップのみで販売していたのかもしれません。

なにせ1000円ですから、自分の他にも「買ったよ~」って人、たくさんいますよね?

そんなわけで購入したアームウォーマーがコチラ◎

f:id:TinyBicycleClub:20170122185056j:plain

開封してみた全体図はこんな感じです。

f:id:TinyBicycleClub:20170122185131j:plain

ホワイトに黒のラインが1本入っただけのシンプルなデザイン。

袖口というか手首のあたりに白のプリントでRaphaのロゴもバッチリ入っております◎

「白かぁ。。。」

と、購入を少し迷ったものの(汚れそうですしね^^;)、1000円という価格の魅力に押されちゃいまして。。。

裏地は起毛になっていて、だいぶ暖かそうです◎

f:id:TinyBicycleClub:20170122185158j:plain

という事で、いそいそと着替えをしてアームウォーマーも装着◎

Raphaのウィンド・ジャケットの上からぐりぐりと重ねてみました。

f:id:TinyBicycleClub:20170122185241j:plain

f:id:TinyBicycleClub:20170122185316j:plain

現状手持ちのサイクリング・ウェアはブラックばかりで、グローブとオーバーシューズだけピンクなんですね。

なので、アームウォーマーが白ってどんなもんなんでしょ。。。?と不安があったのですが、案外大丈夫だったと個人的には思っております◎

f:id:TinyBicycleClub:20170122185351j:plain

f:id:TinyBicycleClub:20170122185420j:plain

まあ、ウィンドジャケットの上に付けるのはゴワゴワしちゃって若干無理があった気もしますね。。。汗

ジャージの上からならバッチリじゃないかなと思いますが、あいにく長袖のサイクルジャージを持っておらずでして、、、

マン・イン・ザ・ミラーなワタシとなりますが、全体の塩梅はこんな具合になりました汗

f:id:TinyBicycleClub:20170122185454j:plain

ウィンドジャケットの上から。という強引な着用方法にも関わらず、結構ほかほかでした◎

たぶんベースレイヤーとかジャージの上とかなら更なるほかほか感が味わえそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ