読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Bicycle Club

ロードバイク・クロスバイクを中心にパーツ・カスタム・メンテナンス・ウェアなど、自転車ネタをよちよちとおおくりします◎

CANNONDALE SuperSix Evo Carbon (2017)
BIANCHI Roma3 (2016)

KNOGの2017年新作ロック「Frankie(フランキー)」の調子が良さそう◎

KNOG(ノグ)といえば、昨年発売されたサイクルベル「Oi」の大ヒットも記憶に新しいですが、ブランドイメージと言えばやはり、自転車用のライト、そして鍵ですよね。

 

過去記事でも書いていますけれど、ワタシはOiベルとライトBOOMERは持っているのですが、KNOGの鍵は持っていないものでして。。。

自転車用の鍵って価格だけ見てもかなり上下幅があるし、形状も種類がたくさんあってかなり迷いますよね。。。^^;

とはいえ、持っていないという訳にもいかず、初スポーツバイクとなったクロスバイク(ビアンキROMA3)を購入した時にとりあえず的に買って、それから「コレ!」という物をまだ買っていないのですよね。。。

で、今自分が持っている鍵というのが、この2つ。

 

ビアンキの方は、ROMA3を買った時に一緒にビアンキ・ストアで購入したもの。

PALMYのほうはとりあえずで値段も安く、見た目も悪くないかなって事でAmazonで購入しました。

使っていて特に不満があるという事もないですけれど、ビアンキのほうはライド時はカバンに入れるか肩にタスキ掛けするしかないというのが街乗りには問題ないですけど、ロードバイクで長距離走るときにはちょいと邪魔で、、、

パルミーのほうは、値段もだいぶ安いですし、強度的にちょっと不安があります。。。

 

そんなわけで、街乗り用のビアンキROMA3号用はまだ良いとして、ロードバイク用の鍵をずっと迷っている状況が続いております。

候補としては大鉄板のKRYPTONITE(クリプトナイト) がやはり良いかなぁと本命に置きつつも、KNOGのバウンサーもカワイイなぁとかなかなか決めきれずで。。。

デザイン的に、どっちが良いか決めきれないというのもありますが、問題はどちらも重たいのですね。

もちろん、重いという事は相応の強度があるからなのですけど、特にロードバイクについてはワタシ、長くても1時間(食事の間)くらいしか駐輪する事はないので、そこまで頑丈でなくても良いから軽いのが良かったりもしまして。 

 

そうこう迷っている間に、KNOGから2017年の新作ロックがリリースされておりまして、そいつがタイトルにもあるコチラ◎

f:id:TinyBicycleClub:20170416222053j:plain

「Frankie(フランキー)」 という商品名だそうです◎

ニューソーセージロック「フランキー」。
強化されたキーシリンダーとハウジングによってより強く、丈夫で、信頼性が高くなりました。
他のソーセージロックと同様にファイバーコアにスチールケーブルを編み込んだ構造を工業規格のシリコンで覆った構造を採用。しなやかに変形し、2重にまとめてポケットに入れて持ち運びも可能です。2重構造のケーブル部分はカッターなどからの攻撃をつぶれることで切れにくくしています。
長さ700mm、重量360gとセキュリティーと重量のバランスが取れたモデルに仕上がっています。
カラーはKNOGらしいポップな6カラーがラインナップ。お好みに合わせてお選び頂けます。

公式サイトから引用

「2重にまとめてポケットに入れて持ち運びも可能」というのと「重量360g」というのが先に挙げた自分の購入条件にフィットします◎

デザインもこれぞKNOGって感じのシリコンを使ったデザインで悪くないです◎

欲を言えば、MAX小一時間ほどの駐輪しかしないワタシとしては、ダイヤルロックVer.もあると嬉しかったなぁと(^^;

 

まだ購入はしていないのですが、おそらくかなりの高確率であとで買おうかと考えているので、一足先に『ええのん見つけました◎』的にお知らせしてみました^^

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

VR×サイクリング◎渋谷に「CYCLE & STUDIO R(サイクル&スタジオ アール)」がオープン

年2016年は、VR元年とも呼ばれるVRの普及・浸透がスタートされた一年でもありましたが、先日渋谷を歩いていると、「CYCLE & STUDIO R(サイクル & スタジオ アール)」なる屋号を発見。

気になって調べてみると、VRを使ってサイクリングができる的な事が書いてあるではないですか◎

しかもオープンしたのは2017年3月19日とオープンほやほや。

渋谷が職場なサイクリスト(自称)のワタシとした事が、まったく知りませんでした、、、

 

たしかにVRと自転車ってちょっと想像してみただけでも相性は良さそうですよね。

「どんなものなのかな?」

とさらに調べてみると、運営会社(かな?)のサイトにこう記載されていました。

THE TRIP™は、40分のサイクリングをしながら、バーチャルの世界の旅を楽しむワークアウトです。 映画館規模のスクリーンとサウンドシステムとマルチピークのサイクリングワークアウトがあなたを没頭させます。THE TRIPは、今までにないモチベーションとエネルギーを引き出し、たくさんのカロリーを燃やすことができるでしょう。

 「THE TRIP」というのが、そのVRの名称(日本初上陸だそうです)で、どうもフェットネス的な形でこのVRを体験できる模様です。

で、その1号店が渋谷にオープンした「CYCLE & STUDIO R(サイクル & スタジオ アール)」との事。

うーん、、まだちょっとピンと来ませんね。。。

街中をガンガン走り抜けれる映像だったり、グランツールを疑似体験できるような映像だったりすれば相当に楽しそうだけど。。。

 

で、更に探してみました。

どうやらコレが公式でアップしているイメージ映像(プロモーション映像)みたいです。

f:id:TinyBicycleClub:20170416214717j:plain

ちょっと期待しているのとは違いましたね^^;

とはいえ、VR的な非日常感の演出にはこういう感じのほうが良いのかもしれませんし、自転車好きにターゲットを絞るとかなりユーザーが限定されてしまうとは思うので、フィットネスに絡めるというのも納得です。

 

個人的には自転車に対してあまりフィットネス要素は求めていなくって、単純に趣味という感じなので、先に書いたようにグランツールが疑似体験できるみたいなものがあったらガブリと食いつきたいなぁと思いました。

とはいえ、あの非日常的なコースも一度体験してみたいので、機会があったらちょっと甘噛みしに行ってみようかなとも思っています◎ 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

街乗りサイクリストの鉄板ブランド、CHARI&COのTシャツとソックスをゲットしてみました◎

「自転車好きに向けたタウンユース向けなブランドって何がある?」

と聞かれれば、もしかしたら最多アンサーになるかもしれません。

CHARI&CO(チャリアンドコー)

以前↓こんな記事も書いたのですが、見返してみたらなぜかスッポリとスルーしちゃってました^^; 

CHARI&COのアイテムを持っていなかったというのもあって↑の記事に入れなかったのかな、、、?

ってこと、少し前にゲットしていたので、触れてみようかと思います◎

 

CHARI&CO(チャリアンドコー)って何?

ニューヨーク在住の日本人によるサイクル・アパレル・ブランドで、2008年にNYで店を構え、その歴史がスタートしたそうです。

名前を見れば察しがつくかと思いますが、「チャリンコ」ともじった(というかダジャレ?^^;)ブランド名が日本人としては強いインパクトを感じますよね。

サイクル・アパレルなのですが、BEAMS(ビームス)をはじめ、ファッション・ブランドとのコラボ商品も多くリリースしていたりもするので、自転車好きに限らず、スケートやサーフ・ブランドのように、ストリート・ブランドとして認知されてきているような印象を受けます。

中でもTシャツやスウェット、コーチジャケットなどのグラフィック物(プリント物)はサイクリストならずとも食指の伸びるアーバンなデザインがラインナップされているので、自転車好きが普段使いするのにはかなり具合の良いブランドというのが個人的なイメージです。

 

Tシャツ&ソックスを入手◎

Tシャツとかは、ちょこちょこ「コレ良いなぁー。」とかネットで見て思ったりしていたのですけど、なにぶんワタシ、かなりのTシャツ持ちなもので、ここしばらくはTシャツをあまり増やさないように心がけていたのですよね。(ちょっと前にビアンキ×ユニクロTシャツの記事書いておいてアレですが、、、汗)

それに、CHARI&COってTシャツでもそこそこ良いお値段するのです^^;

そんな理由で一着も持っていなかったのですが、タイミング良く(?)プレゼントで頂戴したので、「購入」ではなく、「ゲット」とか「入手」という表現をしていたってわけです。

 

入手したTシャツ

頂戴したTシャツがコチラとなります◎

f:id:TinyBicycleClub:20170416194855j:plain

フロントは左胸のみにプリント、バックはプリントはなく、丈にリフレクターとタグ(写真の上部)が付いているだけのシンプルなデザインです。

部屋の中で撮ったので、ちょっと色味がわかりにくくなってしまいましたので、おんもでも撮ってみました^^;

f:id:TinyBicycleClub:20170416194808j:plain

f:id:TinyBicycleClub:20170416194830j:plain

とりあえず、自転車がプリントされているというのが、自転車好きには嬉しいってものですよね◎

入手したソックス 

続いては、靴下◎

自転車ブランドのソックスについては以前こんな記事も書きました。

今回入手したものは、ライド時に特化したソックスというよりは、あくまでタウンユースって感じかなと思います。

f:id:TinyBicycleClub:20170416204434j:plain

なかなかにデーハーですが、ワークパンツとかジーパンでサクッと街乗りする時なんかには、このくらいのデーハーさがあってもワンポイント的な感じで丁度良いかもしれません◎

今回は、「こんなの買いましたよー◎」というご報告的な感じにはなりましたが、自転車好きの方で普段着使いできるウェアをお探しの人がいれば、候補に是非加えてみてください◎

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

初めてのロードバイク選びの第一歩。ホリゾンタルフレームとスローピングフレームの違い。

めてロードバイクを購入する。という時に、いくつか(いくつも?)購入の検討材料ってあるかと思います。

タイトルにある本題に入る前に、まずはざっくりとそんな検討材料の事をツラツラと挙げて語ってみたいと思います。

 

ロードバイク購入時の検討材料

値段だったり、コンポーネントだったり、重量だったりナドナド。

 

「オススメのロードバイク」とか「ロードバイクの選び方」といった記事も沢山見たりしましたが、そういった記事では最後にこう書いてある事が多いです。

 

「見た目が気に入ったやつを買いましょう」

 

いくら高性能だとしても、見た目が気に入っていないと乗る気が半減するし、逆にちょっとグレードは低めでも見た目が気に入っていれば乗りたいと思える。というのが概ねのこの意見の根拠かと思います。

 

ちょこちょこと、このブログ内でも書いていますが、かくゆうワタシの自転車へのスタンスは、「ルックスは重視したい」というものなので、この意見には賛成票を投じたいと思っております◎

 

「じゃあロードバイクでいう見た目って何さ?」

というと、当たり前ではありますが以下のたった2つになるかと。

  • カラーリング
  • フォルム(形状)

ハンドルでもタイヤでもホイールでも、カラーリングやフォルムは、付け替えれば変える事が可能です。

問題はフレーム。

これも当たり前ですが、自転車はフレームありきでその他のパーツを取り付けて組み上げていくので、替えが効きません。

というかフレームが変わればそれはもう別の自転車を買ったという事になっちゃいます^^;

となれば完成車であっても購入時に気にしておきたいポイントはやっぱりフレームって事になりますよね◎

 

あまり自転車のことが分からない時って、「ハンドルとかサドルがレザーで洒落てるじゃない◎」みたいに、あとからチャチャっと変えれるポイントに目を奪われがち。

 

という訳で、長めのプロローグとなってしまいましたが、ロードバイクのフレームの事、ちょこっとでも気にしてみましょう◎

というのが今回のお題となります。

 

ホリゾンタル・フレームとスローピング・フレームの違い

自転車に限らず、趣味に限らず、何かに興味を持つとブチ当たりますよね。。。

専門用語。。。

もちろん、ワタシもホリゾンタル&スローピング、最初「???」でした^^;

ホリゾンタルとスローピングの意味

シンプルに和訳すると、

ホリゾンタルは「水平」

スローピングは「傾斜した」

という意味になります。

では、どの部分が水平だったり傾斜しているのかというと、トップチューブです。

自転車のフレームの三角形の上辺にあたる部分ですね。

このトップチューブが地面に対して水平なフレームをホリゾンタル、

シートチューブ(サドル直下の辺)に向かって下がるように傾斜しているのがスローピング・フレーム、

と呼ばれているという訳です。

では、このホリゾンタルとスローピングの違いって何でしょう?

 

ホリゾンタル・フレームの特徴

f:id:TinyBicycleClub:20170412002336j:plain

ルックスがクラシカルでカッコイイ

もともとロードバイクのフレームは、かなり近年までこのホリゾンタル・フレームが主流でした。

という、予備知識がなくとも、おそらくロードバイクにあまり興味のない人にパッとホリゾンタルとスローピングの2つのフレームの自転車を見せたら、多くの人がホリゾンタルフレームにクラシカルな印象を受けると思います。

街乗り用途でロードバイク購入を検討している方などは特に、知らず知らずのうちにホリゾンタル・フレームの自転車を購入候補にリストアップしているんじゃないでしょうか?(あくまでワタシ予想^^;)

同じく過去にフレーム素材として主流だったクロモリ素材のフレームは、どれもこれもホリゾンタル・フレームなので、「普段着でオシャレにロードバイクに乗りたい◎」という方は、クロモリのホリゾンタル・フレームが間違いなくジャストかと思います。

 

振動吸収性が高い

トップチューブが地面と水平、という構造上、トップチューブの長さがスローピングと比べて長く、それにより振動吸収性に優れていると言われています。

といっても、少し乗ってみて全然違う!というレベルの話ではないかと思いますし、あくまでも数字上とかかなり長時間乗った場合に違いが出てくるという程度の認識で良いかと思います。

 

フレームが大きい

先に書いた通り、トップチューブがスローピングと比べて長くなり、また、水平に保つという事はシートチューブの長さも伴って長くなるので、その分フレーム重量は加算されてしまいます。

加えて、フレームが大きくなるという事はその分、空気抵抗も大きく受けてしまいます。

これも乗ってすぐに感じるような事はない、わずかな差ではあると思いますが、長距離を長時間、ハイスピードで走るプロのロードレーサーにとっては勝負を分けるような要素になり得るという事から、現在のロードバイクの主流はスローピング・フレームに変わった。という事でしょう。

 

シートポストの突き出しが短くなってしまう

これは個人的に感じたデメリットなので、皆が皆ではないかと思いますが。。^^;

シートポストの突き出しって、ある程度長い方がカッコイイなと思うんですよね。

なのですが、ホリゾンタルってシートチューブがそもそも長めなので、シートポストを長く突き出しにくいのです。

シートポストの突き出しの長さは見た目の問題以外にもありまして、あまり短いと例えばリアライトとかサドルバックなどを取り付けるスペースさえ無くなってしまう場合もあるのですよね。。。

 

スローピング・フレームの特徴

f:id:TinyBicycleClub:20170412002400j:plain

軽い

上述のホリゾンタルを「大きい」、「重い」と書いた通り、比べると逆にスローピングは「小さく」、「軽い」です。

とはいえ、重さはフレーム形状以上にフレーム素材による増減のほうが大きな要素ですし、あくまでのレースの場で考えた際に同じ素材であればスローピングの方が軽い。という認識で問題ないかなと思っています。

 

乗りやすい・降りやすい

自転車に乗り降りする時をイメージしてもらうとピンと来るかと思いますが、例えばママチャリって乗り降りしやすいですよね。足を高く上げないでもサドルに座れますし。

ママチャリは極端ですが、スローピングも要するにそういう事です。

サドルに向かってトップチューブが下がった形状をしているので、トップチューブが水平なホリゾンタルと比べ、足をそこまで高く上げなくても乗り降りができます。

この理由から、レース中の乗り降りが多いマウンテンバイクでスローピングフレームが主流となり、更にはロードバイクにも波及したとも言われています。

 

剛性が高い

フレームが小さい、つまり各チューブの長さの合計が短いほど、フレームは歪み(しなり)にくくなります。

しなりにくいというのは、振動吸収性は低いというデメリットを生む反面、剛性は高くなるので、ペダリング時のパワーが逃げにくく、力をダイレクトに自転車に伝える事ができるようになります。

 

用途や好みによるフレームを選び方

ホリゾンタルとスロ-ピングの特徴やメリット・デメリットを挙げてきましたが、他にも例えば、「ホリゾンタルはシートチューブが長い分、シートチューブにボトルを取付けた際に取り出しやすい。」とか、「スローピングはシートポストの突き出しでサイズ調整がしやすい」とか、細々としたメリットやデメリットは存在するかと思います。

 

結局どっちのフレームが良いの?

結論から言うと、どちらのフレームが優れているとか、お買い得とか、優劣で選べるものでもないと思います。

前述のそれぞれの特徴で挙げたように、それぞれの特徴(個性)があるので、その特徴は理解した上で、最終的にお金を払って購入をする自分自身で判断する。という身も蓋もない結論にはなってしまいます^^;

 

用途と好みで考える

有り難い事にここまで読んでいただいたという方はお察しかと思いますが、おおざっぱに言ってしまえば、以下がわかりやすい用途や好みによる判断要素となるかと思います。

  • ロングライドや街乗りも視野に入れたロードバイクが欲しい方はホリゾンタル・フレーム。
  • レースへの出場や、速さを求めた「競技」としてのロードバイクを求める方はスローピング・フレーム。

実際に街を歩くときや、ロードバイクを雑誌やネットで探す時に、フレーム形状を気にしてみてもらうと分かりやすいかと思いますが、おおまかではありますが、この認識で大きな間違いはないかと思います。

 

まとめ

ここまで何度か注釈的に添えて書いていましたが、ホリゾンタルとスローピングというフレーム形状の違い。

確かにそれぞれの特徴やメリット、デメリットは存在はしますが、例えば、重さにしても振動吸収性や剛性にしても、形状による違いというのは微々たるものです。

「この2つのフレーム形状の最大の違いは?」

と聞かれたら、自分としてはこう答えます。

「見た目です◎」

そんなわけで、もし「何か劇的な違いがあるの??」と思ってこのブログを読んでくれた方がいらっしゃたとしたら、ここまで読んで頂いておいて大変心苦しいのですが、再度冒頭に書いた一言に戻らせていただき、締めさせていただきます。。。^^;

「見た目が気に入ったやつを買いましょう」

気に入った自転車が手元にある、いつでも乗れるっていうのは、とっても楽しいものだと思いますので◎

 

参考までに、自分の乗っているロードバイクはホリゾンタル・フレームです◎

   

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ロードバイク・自転車漫画『オーバードライヴ』を全巻読破しました◎

画は昔から結構読む方なのですけど、自転車漫画っていうと弱虫ペダルくらいしか読んだ事なかったんですよね。

という訳でなんか面白そうなのないかなぁと周りの知り合いにリサーチをかけてみたら、「オーバードライヴ面白いよ◎」という有益情報をもらったので、情報と共に、全巻その人に借りちゃいました^^;

f:id:TinyBicycleClub:20170404020758j:plain

自転車漫画って数えるほどしか無いとは思うんで、ロードバイク好きの人なら読んだ事あるって人は多いのですかね?

 

弱虫ペダル同様、高校の自転車競技部のお話で、主人公が素人スタートというのも共通しています。

顕著な違いは、絵のタッチが弱虫ペダルは漫画的デフォルメが強いのに対して、オーバードライヴはリアルな絵柄なので、自転車の臨場感みたいなものは濃いめに感じられるってトコロでしょうか。

とはいえ、読まれた方の多くが苦しんだのじゃないかな。。。?と思ってしまいますが、キャラの書き分けがかなりグレーでして、全17巻なのですが10巻くらいまで読み進めても、「こ、これは誰だ、、、?」と絵だけ見てもどのキャラなのかジャッジできない場面が多々ございました、、、^^;

 

しかしながらマイナス査定はそのくらいなもので、漫画として単純に面白いし、ロードバイクやロードレースの知識はあまりないけど興味はあるって人には、競技の雰囲気や特性なんかを漫画を楽しみながら味わえるっていう一石二鳥感もあるのでオススメかな◎と、全巻読破記念にブログでも取り上げてみました◎

 

ずいぶん前(2008年)に完結している漫画なので、ネタバレもクソもない気はしますけど、オススメ◎って事でここで紹介したので、詳しい内容はここでは触れないでおきますね^^;

興味ありましたらば是非読んでみてください◎

 

あ、あと、読み終えると「ロードバイク乗りてぇ〜!」ってなるので、練習のモチベーションキープにもGOODかもしれません◎

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ