読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Bicycle Club

ロードバイク・クロスバイクを中心にパーツ・カスタム・メンテナンス・ウェアなど、自転車ネタをよちよちとおおくりします◎

CANNONDALE SuperSix Evo Carbon (2017)
BIANCHI Roma3 (2016)

激安インナータイツで普段着自転車ライドのお尻の痛み対策◎

ウェア・シューズ・バッグ

めてのロードバイクやクロスバイク購入後、誰しもがブチ当たる難関。。。

そう、お尻の痛みデス、、、涙

誰しもがって言っちゃいましたけど、ポジションやサドルの硬さ・形などの違いで「最初からあんまり痛くない」という幸運な方もいらっしゃるのですかね?

かくいうワタクシはというと、クロスバイク購入当初は、一度乗ると1週間お尻を安静にしないと乗れない、、、という程のダメージをくらっておりました。。。

自分の場合は、比較的痩せ型でお尻のお肉が薄めとかっていうのもあったのかもしれませんが、サドルをBROOKSに変えた時などは、乗ったそばからもう痛くて痛くて、、、

クロスバイクのビアンキROMA3号しか所有していない頃は、ライド時の服装はそのまま街を歩けるようなカジュアルな格好でしたので、サイクルタイツの類は持っていませんでしたし、購入しようとも考えませんでした。

とはいえ、お尻イタイ、、、

で、辿りついたのがコイツ◎

f:id:TinyBicycleClub:20170321001353j:plain

(InField) サイクル インナー パンツ 3D ゲルパッド 自転車 用 サイクリング ウェア

サイクリング用のインナータイツ。

インナーって事で、普段着のズボンの下に履いて、お尻の痛みを和らげてくれる心強いアイテムです◎

いわゆるガチっぽいサイクリングファッションに抵抗がある人には、私服のまんま使えるので大助かりかと◎

そして、何が良いって値段が1000円くらいなんですよね。

内側はこんな感じになっています。

f:id:TinyBicycleClub:20170321001434j:plain

これ買ったのは1年近く前なのですが、何度か洗っても今の所、ダメになったりせず使えますし、ぶっちゃけ1000円なら仮に5、6回履いてダメになっても許せますしね^^;

その後に買ったパールイズミのサイクルタイツ(15000円くらい)と比べると、パットが大きくて少し分厚い感はありますが、乗っていてペダリングの邪魔と感じる事はありませんでした。

もちろんお尻の痛みもなかなかにガードしてくれます◎
なにせ1000円ほどですから、値段を考えるとコスパはやはり良いなと思います。

ロードバイクやクロスバイクを買ったものの、お尻の痛みに苦しんでいる方は、こんなのもありますよ~◎って事で対策案に加えてみてください^^

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

レンタルサイクル初体験◎川越自転車シェアリングで小江戸川越散策

自転車雑談 ポタリング・カフェ

江戸こと川越に先日遊びに行ってまいりまして。

単純に観光地としてかなりの上々ぶりで、すっかり遊び倒して帰って来ましたが、ここは自転車ブログ。
観光日記と見せかけて、自転車ネタを放り込みつつ、つらつらと綴っていきますのでどうぞお付き合いください^^;

 

休日は基本的に、起きたその後に何をするか決める時が多い、行き当たりばったりスタイルが常のワタシですが、この日もご多分に漏れず起床後活動プランをアレコレ試案。

所望は遠からず、かつ行った事のない土地。

自転車に乗り始める前は、とにかく休日は散歩&散歩だったので、「散歩が楽しめる街が良いなぁ」といった条件から候補に挙がったのが、川越

既に正午を回っていたので、行き先が決まるや否や、自宅から電車で40分ほどゆらゆらと揺られて川越に到着しました◎

 

駅から小江戸エリアまでバス移動が推奨の様子でしたが、歩いても20分くらいのようだったので、せっかくだから街を見ながら歩いて向かいます。

川越熊野神社なるものがありましたので、神社好きのワタシは迷う事なく飛び込みます。

f:id:TinyBicycleClub:20170316035617j:plain

神社入口にあった「足踏み健康ロード」という歴史を感じないコンテンツにトライするワタシ。。。

朝ごはんも食べず出発したので、散策しながら食事処を捜索。

さっそく、古い街並みや建物が大好物なワタシにフィットする店舗を発見。

f:id:TinyBicycleClub:20170316013931j:plain

ウッドベイカーズさん。

100年ほど前の蔵を改装したイタリアンのお店で、テレビ番組などにもたびたび取り上げられる結構人気のお店のようです。

ピザorパスタ+チーズフォンデュorバーニャカウダ(食べ放題)+ドリンクバーで1800円という観光地としては高コスパのランチメニューもありましたが、散歩中にちょこちょこ食べ歩きもするだろうなって事で、ピザ+ドリンクだけにしておきました。

f:id:TinyBicycleClub:20170316014003j:plain

雰囲気は抜群でしたが、お味は正直なところまあ普通かなっていう^^;

昼食を済ませて、散歩本番。

少し歩くとバリバリに渋い家屋がコンボを決めており、シビレきっていると、うなぎ屋さんじゃあないですか◎

f:id:TinyBicycleClub:20170316014036j:plain

電車に乗っている時に調べていましたが、川越といえば、うなぎ&サツマイモって事らしく、「夕食はうな重にしよう。。。」と心に決めておりました。

ひとまず、お昼ご飯食べたばかりなので、更に歩を進めます。

小江戸、とは聞いておりましたが、想像以上に江戸自体からの家屋が残りまくっていて、興奮のあまり写真撮りまくってしまいました^^; 

f:id:TinyBicycleClub:20170316014107j:plain

f:id:TinyBicycleClub:20170316032633j:plain

そして、川越のシンボル、時の鐘

f:id:TinyBicycleClub:20170316032711j:plain

ドラクエの重要なサムシングのようなネーミングですが、江戸自体の初頭から、時間をこれでお知らせしていたそうです。現在も日に4回、鳴らされているとの事。

更に進むと菓子屋横丁という駄菓子や和菓子のお店が狭い路地にぎっちりと立ち並ぶ楽し気なエリアも。

f:id:TinyBicycleClub:20170316035222j:plain

川越を歩いていると、ちょこちょこロードバイクで来ている人も見かけたりしていて、「ロードバイクで来るっていうのもアリだなぁ」とか思ったりしていると、こんなモノを発見しました。

f:id:TinyBicycleClub:20170316035013j:plain

川越市自転車シェアリング

流石は自転車のメッカ、埼玉県◎

f:id:TinyBicycleClub:20170316035129j:plain

料金は40分200円。

なのですが、街に点在するサイクルポート間を40分以内で乗り継げば、200円で一日中乗り回せるというナイスな寸法◎

こういうのを自治体でしっかり管理して実施してくれるって良いですよね。

支払いは、SUICAなどの電子マネー決済で、クレジットカードを本人確認として使用します。(決済の機械を撮り忘れました汗)

f:id:TinyBicycleClub:20170316035052j:plain

カゴにはワイヤーロックが完備、基本的な安全運転の諸注意がハンドルに書かれていました。

という訳で、いざレンタル自転車にライドオン◎

f:id:TinyBicycleClub:20170316013905j:plain

ママチャリテイストのミニベロって感じなのですが、タイヤはブロックタイヤでした。

レンタル自転車でパンクするのも難儀って事でそうしているのですかね?

f:id:TinyBicycleClub:20170316035343j:plain

知らない街を自転車で走れるというのは、思った以上に気持ちが良いものだなぁと実感。

f:id:TinyBicycleClub:20170316035539j:plain

乗り継ぎはせず、40分川越の街を走り回って駅のそばのサイクルポートに返却しました。

夕食はうなぎ◎と決めていたので、また小江戸エリアに戻ります。 

f:id:TinyBicycleClub:20170316035702j:plain

こんな風情あふれるバスや、人力車とかも走っていました。

f:id:TinyBicycleClub:20170316035636j:plain

川越と言えば◎な、COEDOビールも一杯決めて、いざ、うなぎ屋さんへ。

最初に見かけたお店が、店構えも気に入っていたのですが、自転車乗ったり喫茶店入ったりしているうちに閉店時間になっていたようで、グーグルパイセンにお伺いを立ててみると、いちのやというお店がまだ営業していて、評判も良いのでよちよち歩いて向かいます。

f:id:TinyBicycleClub:20170316035429j:plain

すっかり暗くなってしまいましたが、無事到着◎

1832年創業という歴史溢れまくる老舗。

座席も300席ととんでもなく広いのに、行列こそなかったですが、かなり賑わっていました。

注文は、熱燗とふぐのから揚げ、そして、うな重◎

f:id:TinyBicycleClub:20170316035502j:plain

店構えだけでなく、お味も抜群に良かったデス◎

以上、今回は川越散歩ブログになってしまいましたが、自転車シェアリング(レンタルサイクル)も使いやすくしっかり管理されているので、電車で行って、自転車で散策っていう楽しみ方もできてオススメの遊び場かなって事で、綴ってみました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

自転車大国『台湾』。街の自転車屋さん現地レポート◎

自転車雑談

湾といえば自転車、自転車といえば台湾ってくらいの自転車大国ですよね。

距離も予算的にもかなりキャッチーな外国ですし、「行きたいなぁ。」とは思いつつもワタシは未訪でして^^;

なのでワタシ自身は台湾に関しては若葉マーク。。。どころか無免許でして、うっすらとしたイメージは、

  • メシが美味そう
  • 物価がちょっと安そう
  • ロードバイクのフレームの大半は台湾MADE
  • GIANT(ジャイアント)とMERIDA(メリダ)

...我ながら台湾についてドーテーにも程があります、、、汗

そんな台湾チェリーなワタシを横目に、周りには台湾フリークな友人は何名かいまして、その中の1人が先日台湾に留学に旅立ちました。
1年ほどの滞在という事で「その間遊べないなぁ。。。」といった甘酸っぱさはありますが、せっかくなのでお願いをしてみました。
「自転車関係のスポットに立ち寄ったら写真撮って送って」
と。。。(^^;

で、旅立って数日。。。
第一弾ラインナップ(写真)が到着!
というわけで、今回はこちらのブログでお披露目させて頂こうという次第でございます。

ワタシが行ったわけでなくって恐縮ッス、、^^;

f:id:TinyBicycleClub:20170307210828j:plain

やはりドドン!とGIANT

台北市内にある『東湖捷安特』という屋号のお店の様です。
こちらはお店のFacebookページ◎(公式サイトは無いっぽいですね)
https://www.facebook.com/%E6%9D%B1%E6%B9%96%E6%8D%B7%E5%AE%89%E7%89%B9-209141185771554/

f:id:TinyBicycleClub:20170307210900j:plain

 店内は、かなりの密集っぷりで自転車が鎮座されておりますね。小物類の数や陳列も良い塩梅◎

f:id:TinyBicycleClub:20170307210948j:plain

こんなエアロロードから、

f:id:TinyBicycleClub:20170307211017j:plain

ママチャリ、マウンテンバイクまで。

f:id:TinyBicycleClub:20170307211052j:plain

f:id:TinyBicycleClub:20170307211112j:plain

お店のFacebookページを見ても字が読めないのでなんとも言えませんが、GIANTの直営店って訳ではなく、いわゆる普通の街の自転車屋さんっぽいですかね。

にしてはなかなかの台数の充実ぶりは流石台湾◎と思わされます。

残念ながら、台湾に旅立った友人はロードバイクはおろか、スポーツ自転車は所有しておらずな自転車チェリーなもので、ワタシは台湾が分からず、友人は自転車が分からず、、、というブログに書くにはなかなかの相性の悪さではありますが、台湾の一般的な自転車屋さんの写真だけでもなかなかに興味深いかなぁと◎

とはいえ、友人の滞在中に一回は台湾に遊びに行ってみようと企てておりますので、また現地の写真だけでなく、ワタクシの現地レポートも今年中にこちらのブログにアップできればと思っております◎

ワタシは台湾通に、友人は自転車通に。なんていう事になればことさら愉快になりそうです^^;

あ、あと台湾といえば、自転車で台湾を一周する環島(ホァンダオ)というのが昨今ブームだそうで、現地で自転車のレンタルもできるみたいなので挑戦してみたいものです。

距離をちょっと調べてみたら、一周約900kmとのことで10~14日くらいはかかるみたいだったので、定年でも迎えない限りはちょっとワタシには無理そうでした。。。涙

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

マット塗装にも使える自転車用クリーナーを買って&試してみました◎

カスタム・メンテナンス

々のライド後はこんな風にしております~◎という記事は以前一度書いてみました。

この時はフレームに関しては、基本的に「乾拭き&乾拭き」、もしくは汚れが強い部分は「濡れタオル&乾拭き」って感じでした。

 

ただ、自分のキャノンデール号は、マット塗装のカーボンフレームなもので、フレームが汚れた場合に水拭きでガシガシ擦り落とす!という力技にはいささか抵抗があり、

「専用のケミカル買わないとなぁ。。。」

と思っておりました^^;

 

そんな訳で、フレームのお掃除用にクリーナーを入手◎

f:id:TinyBicycleClub:20170225203425j:plain

ワコーズ(WAKOS) フォーミングマルチクリーナー 380ml

Amazonの購入したあページの説明書きによると、弱アルカリ水溶性ノンシリコーンタイプの泡状「水なし簡単洗浄剤」で、スプレー後の水洗いも不要。とあります。

更に決め手となったのは、マット塗装のフレームもOKとの頼もしいお言葉◎

使い方や特徴はスプレーの説明書きにも書いてありました。

f:id:TinyBicycleClub:20170225203504j:plain

今のところ、そこまで強い汚れが付いたりする事はほとんどないのですけど、マット塗装だからか(更にカーボンだから?)、フレームを手で持つと指紋というか指で触ったところに油というかちょっと落ちにくい光沢が付いちゃうときがあったのですよね。

なのでこういった専用のケミカルあると楽に落とせるかなぁっていうのが一番の購入理由ですかね。今後もっと乗り倒せば普通の汚れも付いてきちゃうでしょうしね。 

 

早速使ってみたのですが、説明書きにある通り、泡状なので飛び散らないのは良いですね◎

とはいえ、多少は霧状に飛び散るので、直でフレームにスプレーするよりは、いったんタオルとかに塗布して使うほうが良い気がしました(^^;

f:id:TinyBicycleClub:20170225203542j:plain

うっかり肝心な泡状な写真を取り損ねてしまいました、、、汗

タオルに塗布したらフレームをゴシゴシと拭くだけでお掃除は完了◎
気になっていた指で触った油跡とかはバッチリ綺麗に落ちてくれました◎ 

水拭きが不要なので、タオルが一枚あれば済むっていうのはずいぶんと楽チンでいいです。

サドルやバーテープの洗浄も可能という事なので(自分はまだ全然汚れていないので試しておらずですが^^;)、コンポ以外の箇所のお掃除はコレで解決しそうですかね^^

 

2月は全然自転車に乗れずだったので、ブログも滞りがちになっちゃいましたが、3月4月は徐々に乗り回していきたいなぁ。。。で、更新ペースももうちょい復活させたいです^^;

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

あらゆる自転車が大集合「埼玉サイクルエキスポ2017」へ行ってきました◎

自転車雑談

2月25日(土)、26日(日)に、さいたまスーパーアリーナ内のコミュニティアリーナ内や、けやきひろばで開催された「埼玉サイクルエキスポ2017」へ行ってきました◎

「見て、触って、乗って。そして買える!」

というキャッチコピーのこのイベント。

書き出しはいかにもがっつり行ってきたかのようになってしまっちゃいましたけれども、ワタシが参戦できたのは最終日となる26日(日)の残り時間90分間。。。
持ち時間はわずかサッカー1試合分というヘッドスライディング参戦と相成ってしまいました汗

そんなわけで「見て、触って」くらいはできましたが、「乗って。そして買える!」という決定的な仕事はできず、横パス&横パスな消極的なプレースタイルで90分を戦い終えた事を最初にご報告いたします^^;

そもそもなぜに2日目のラスト90分間なんて時間に行ったのかと言いますと、、、

やっているの知らなかったんですよ、、、汗

なにぶん去年の今頃は自転車一台も持っておらず、趣味といえば池袋近郊のグルメ巡りという井之頭五郎スタイルの日常でしたので、1年間に開催される自転車関連の催しというものがインプットされていないのです。

この「埼玉サイクルエキスポ2017」が只今絶賛開催中!という情報をSNSでキャッチしたときは、最終日の午後14時ちょっと前くらいだったかと思います。

あわてて公式サイトを探して終演時間を調べてみると16時との事。

幸運にも自宅からさいたまスーパーアリーナまで40分もあれば行けるので、ちゃっちゃと着替えて40分後には到着しました「埼玉サイクルエキスポ2017」◎

f:id:TinyBicycleClub:20170226212330j:plain

埼玉サイクルエキスポって?

埼玉サイクルエキスポには、スポーツサイクルだけではなく、 子ども乗せ自転車、ミニベロや折り畳み自転車などあらゆる自転車が大集合します。

会場内では、自転車メーカーをはじめとする出展者と直接話せるだけでなく、 自転車グッズやウェアなどお買い物も楽しめます。 お子さまから自転車愛好者まで楽しめるステージイベントや、 初心者から上級者まで学べるワークショップも盛りだくさん。

会場隣接道路では、自転車の試乗も体験できます。入場は無料。

埼玉サイクルエキスポは、「見て、触って、乗って。そして買える!」自転車と埼玉の魅力満載のイベントです。

公式サイトより引用

軽く調べてみたところ、2014年が初回開催で、以降同所で毎年2月に開催されているようです。

埼玉県は自転車の保有率が日本一だったり、自転車関係の企業が多くあったり、荒川サイクリングロードをはじめサイクリストの皆さんが走りやすい道も多くあったりと、自他ともに認める自転車王国。というのは良く耳にしますしね。

自転車系の催しとなると、埼玉が開催地だとなんとなく説得力も増すように感じちゃいます。

出展の内容はというと、自転車関連各メーカーによる展示、販売、試乗や、トークイベント、交通安全PR、けやき広場では飲食出店も多くありました。

埼玉サイクルエキスポ2017レポート

最初のご報告をさせていただいた通り、「乗って。そして買える!」の部分は完全カットした参戦スタイルとなってしまったもので、ほんとおおざっぱな雑感という感じにはなりますが。。。

 

まず、さいたまスーパーアリーナの手前、けやきひろばに着くと飲食出店群がお出迎え◎

f:id:TinyBicycleClub:20170226213535j:plain

更に進むと、こんな感じでマウンテンバイクが走っておりました◎

f:id:TinyBicycleClub:20170226212422j:plain

あとでエリアマップを見てみると、「オフロードサイクル専用試乗コース」とあったので、これみんな試乗をしてたのですね◎

とりあえず時間もないので一旦早めに中に入ろうと思って割と素通りしてしまいました^^;

入場口前にはドドンとタイムテーブルも◎

f:id:TinyBicycleClub:20170226212525j:plain

初日は、安田団長のトークセッションだったり、オーストリッチによる輪行講座(これは両日)やMINOURAによるローラー台講座なんかがあった様子。団長見たかったな^^;

2日目はというと、SCOTTによるバーテープの選び方と交換のコツというセミナーや乃木坂46×バカボン鬼塚という「自転車なんか関係あるのかな?^^;」という企画まで、なかなか熱のこもったブッキングが成されてました◎

タイムテーブルも把握したところで、いざゲートイン。

f:id:TinyBicycleClub:20170226212619j:plain

f:id:TinyBicycleClub:20170226212704j:plain

最終日の終盤。という事でみっちりな動員ではありませんでしたが、混雑嫌いな自分にとってはジャストであります◎

というか、こういうトコロ来ると自転車好きな人って沢山いるのだなぁと再認識しますね。

コミュニティアリーナなので、面積的にはそこまで広くはないのですが、所せましと各ブースが密集していてワクワクさせられます。

だいぶ余談ではありますが、コミュニティアリーナといえばLOUD PARKでナパームデスを観た記憶くらいしかなかったので、これで思い出がひとつ増えそうです^^;

とりあえず一周してみよう◎と外側からぐるりと攻めてみます。

f:id:TinyBicycleClub:20170226212801j:plain

"たんぽぽ"がトークしていますが、時間もなく自分としては"ブツ"を優先してみたいので残念ですがスルーします。

サイクルスポーツからARAYAから"ろんぐらいだぁす"からFUJI、DAHON、Tern、GIANTなどなど、ほんと沢山のブースがありました。

写真はcorratec(コラテック)ですが、こんな感じで試乗車も沢山置いてあります。

f:id:TinyBicycleClub:20170226212840j:plain

自分の自転車以外って当然ながらほとんど乗れる機会ないので、時間あればアレコレと乗ってみたかったです、、、

ワタシ目線のカメラはこんな塩梅です。

f:id:TinyBicycleClub:20170226212935j:plain

f:id:TinyBicycleClub:20170226213023j:plain

2年くらい前にSXSWというテキサスで開催されているドデカイ見本市に行った事があるのですが、そこのコンベンションセンターっていう展示エリアを思い出しました。 

こういうのって歩いているだけで、ステッカーやらバッジやらエコバッグやらガンガン配ってくれるイメージがありますが、終演間近だからか、ノベルティはあんましもらえずちょっぴりしょんぼり。。。涙

 

俺たちのチネリパイセンもモチロン出展されておりました。

f:id:TinyBicycleClub:20170226213114j:plain

いつみてもシンボルマークがパーマンバッジを想起させますね^^;(ワタシだけ?汗)

からのビアンキ。

f:id:TinyBicycleClub:20170226213357j:plain

ロードバイクが一番多いは多いのですが、結構クロスバイクとかミニベロとか、タウンユースな自転車も多く展開している印象でした。

KhodaaBloom(コーダーブルーム)は一番面積も広くって台数もがっつり置いていて見応えありました。

f:id:TinyBicycleClub:20170226213249j:plain

国産メーカーはやっぱり日本人たるもの惹かれるものがあります。欲しいけどお値段が。。。

TREKではコイツが圧倒的存在感を放っておりました◎

f:id:TinyBicycleClub:20170226213448j:plain

激烈にカッコいいっす。。。

ウェアや小物関係は結構割引価格(特価?)での販売も多かったので、パールイズミとかなんか探して買っちゃおうかなぁ。。。とか思ったりもしましたが、今回は財布のヒモは固結びして諭吉の外出を無事控えさせました◎

16時クローズという事で90分はがっつりいれるかなぁと思っていたのですが、15時半くらいにもなると、各ブース割と片づけ始めたりしちゃっていたもので、冒頭にサッカー1試合分と書きましたが、正確には中学サッカー1試合分(+ロスタイム)って感じでした。。。汗

 

試乗ゼロ、購入ゼロ。に加えてワタシ自身専門的な知識もゼロなので、レポートとしてはゼロ点ではありますが、行った事がないって方になんとな~くな雰囲気だけでも伝われば。。。という事でご容赦を^^;

というわけで、来年は早めに行って乗りまくりの買いまくりという得点を狙ったプレーをしたいと思いますので、来年のレポートにご期待ください苦笑

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ